2017.10.01

原油は上昇、金ドルは下落

171001_dmm_oil_d

原油は9月頭から上昇しており52.5ドルまで上げた。北朝鮮情勢?なんだかよくわからないが上がっている。

171001_dmm_xau_d

金ドルは9月上旬の1,350ドル付近を頂点に下落している。これは、北朝鮮情勢がやや落ち着いてきたから?ただ金は高めの感じがする。北朝鮮がやばくなってきたらまた上昇するんだろうか。米国の9月の利上げがなくなったので北朝鮮問題がなければ上昇するのが本当なのか?

| | Comments (0)

2017.08.13

金ドル大幅上昇、原油は乱高下

170812_dmm_xau_d

金ドルは一方的に上昇し1,300ドルに届く勢いになっている。金ドルの急上昇の理由は、北朝鮮と米国の緊迫化でファンダメンタルズ的な要素が大きいが、チャートでみると規則的に上下しているように見える。それを考えると、1,300ドル辺りで売っとくのがいいように見えるが、万一北朝鮮が本当にグアムにミサイルをぶっ放して、アメリカがそれに反応して応酬したりしたら、もう戦争状態で金はさらに上昇する。まあ、そんな大事には至らないとは思うが、何が起こるか分からない。

170812_dmm_oil_d

原油も金のように40から50ドルで上下動しているが、先週いったん50ドルを超えたがその後の北朝鮮情勢で急落している。原油は50ドル辺りが壁になって、もう超えられないようである。

| | Comments (0)

2017.07.29

原油も金ドルも上昇

このところなぜか原油も金ドルも上昇している。

原油は一時期42ドル台まで下落していたがこのところ持ち直して50ドルに届きそうな勢い。原油もなんとなく大きな波動があり、必ずしも(原油の増産や減産などの)ファンダメンタルに一致して動くわけではない。

170729_dmm_oil_d

金もなぜか上昇して1,260ドル付近。金が上昇しているのは米国の利上げと密接に関係があり、9月利上げがなさそうとの憶測からこのところは上昇していると思われる。

170729_dmm_xau_d

DMM.com証券には長い間小さなポジションをずっと持っている。原油は52ドル、金は1,220ドルのロングで、原資30万円で始めてずっとマイナスなので、30万円に戻ったらCFDは止めようと思っているが、一向に戻らないのでやめられない。

170729_dmm

| | Comments (0)

2017.04.23

原油が急落

170423_dmm_oil_d

先々週あたりまで順調に上昇していた原油が先週急落した。DMM.com証券の原油はだいぶ前に50ドルで買っていたが、4月19日が繰り越しだったので53ドル売り指値、52ドル買い指値を入れていたが、たしか18日に53ドルで売れ19日に52ドルで買った。19日に持ち越せば買いスワップがとられるが、1ドル安く買い直せたので一応元は取れた感じ。ただその後、大きく下げて週末には50ドルを割ってしまった。

何で原油が急にこんなに下げたのかはわからない。あまり原油にのめりこむつもりはないので適当に取引していたのであまりよくわかっていない。

| | Comments (0)

2017.04.08

アメリカのシリア空爆と金ドルの高騰

170408_dmm_xau_d

きのう4月7日、アメリカがシリアにトマホーク59発を打ち込んだ、とニュースが流れた。

これはシリアが化学兵器(サリン)を使ったことにトランプが怒って発射したらしい。

きのうの午前10時ごろ、ドル円は急落、金ドルが急騰し、金は瞬間的に1,270ドルを超えた。ただ、その後は落ち着きを取り戻し、1,250ドル付近へ戻っている。

このところの金相場は1,200ドルまで下げた後1,250ドル付近でうろついていた。まさに有事の金買いだが、アメリカの対シリア戦略、ひいては対ロシア政策に影響を与える出来事で、世界に不安感が漂えば金はまだ上昇するかもしれない。

| | Comments (0)

2017.03.11

原油、金ドル下落

170311_dmm_oil_d

今週は原油がなぜか大きく下落し、50ドルを割った。昨年末以降原油は50ドルを超え54ドル付近でずっと膠着していた。もう原油はあまりやるつもりなかったが、DMM.com証券に50ドルの買い指値を入れっぱなしにしていたのが刺さった。あまり注意して見てみていなかったので、この原油の下落の原因は知らない。アメリカの原油の在庫が増えたとか?

170311_dmm_xau_d

金ドルも下げている。これはまあ理由としては米国の3月利上げが確実となり全般的にドルが強含んでいるため、という説明になるのか。金は一時1,250ドルを超えていたが、今週1,200ドルを割っている。こちらもDMM.com証券のポジションは1,300ドル、1,250ドルロングを握りっぱなしで1,200ドルは1,250ドルを越えたときに決済しており、今週の下落で再度1,200ドルの指値で買ったので、現時点では3Lotロングを持っている状態。含み損は16,000円くらい。1,250ドルを超えたときに全部売っときゃよかった。

| | Comments (0)

2017.01.29

2016年分の確定申告

例年のように去年分の確定申告の作業を始めた。

株譲渡益の計算はトータルではマイナスなので支払った税金が還付されるが、非常にややこしい。

確定申告が必要な証券会社が5社ある。(SBI証券、楽天証券、カブコム、大和証券、野村證券、みずほ証券)

野村證券は個人向け国債の利金とMRFの利子だけ。みずほ証券もMRFの利子だけなので譲渡益はない。

大和証券は逆に株の譲渡損だけ、配当金収入はないので源泉徴収されていない。

カブコムは株の譲渡益はマイナスで源泉徴収はなく、配当金は源泉徴収されているが譲渡益と配当金の合計がマイナスなので配当金の源泉徴収額は全額カブコムから還付されている。

楽天証券は譲渡益がプラスだったので、譲渡益、配当金ともに源泉徴収されている。

一番ややこしいのはSBI証券でここは株の譲渡益はマイナスだが配当金との合計がプラスになっており、株の売買に関しては源泉徴収されておらず配当金は源泉徴収され、株の譲渡損益と配当金の合計に対する税額との差額が還付されている。

すべての証券会社を合計した株の譲渡益と配当金の合計は結局マイナスなので支払った税額全額が還付されることになる。これが結局手元の計算では国税(所得税)が31,609円、住民税が10,316円になる。

確定申告で還付されるのは国税(所得税)だけで、地方税は還付されない。地方税は恐らく月々の住民税から還付金額が差し引かれるんだと思う。このあたり非常にわかりづらい。

で、結局トータルでは株の譲渡損益は-624,314円、配当は272,233円で差し引き-352.081円ということになった。去年から繰越された損失が1,018,400円なので翌年に繰越される損失は1,370,491円となる。今年は140万円近く儲けたとしても税金はかからないということになる。

FX/先物の税金上の区分が気になったので少し調べたが、FX/先物の利益は雑所得に分類されるが、FX/先物の雑所得は、他の雑所得とは区別され、FX/先物の雑所得は申告分離課税、他の雑所得は総合課税になる。総合課税される雑所得はは給与所得と合算されるが、20万円以下であれば税金はかからない。

一方、FX/先物取引はどうかというと、こんな感じ。

FX/先物取引の去年1年の合計損益は手数料分差し引いてプラス36,578円だった。で、前年までの繰越損失は前年分が18,847円、前々年分が199,186円なので、翌年へ繰越される損失は181,455円になる。前々年分の繰越分は去年の利益で消化されたということになる。

あとはふるさと納税分があるが去年は12万円分寄付したので国税として還付されるのは2,000円を引いた金額の10%の11,800円ということになる。

というわけで今年の確定申告は還付請求だけなので、入力して今日送信まで終わった。

毎年悩まされるのが、個人番号カードの利用者識別番号と暗証番号、電子証明書の暗証番号、公的個人認証の署名用パスワードと全部ばらばらでわけがわからなくなる。本当にむかつく。

確定申告の入力後の計算で還付金額は66,633円になった。

| | Comments (0)

2017.01.15

金ドルが1,200ドルを超えた

170114_dmm_xau_d_2

このところ金ドルが上昇している。一時1,125ドルを割るほど下落していたが、先週上昇して一時1,200ドルを超えた。

金ドルは昨年(2016年)11月初旬、つまりトランプ前にピーク1,300ドルあたりを付けた後一方的に下落し12月後半に1,125ドルまで下げているが、その後なぜか反転上昇している。トランプ後の下落はドル円の上昇を考えるとまあわかるが、12月からの上昇は、ちょっと分からない。

金の動きって基本的にはドル円と逆なんだが、時々妙な動きをする。米国債の金利と対比すると分かりやすいのかもしれない。

DMM.com証券の金ドルCFDでは1,150ドルロングを1,200ドルで決済して現在1,300、1.250、1,200と3Lotロング、含み損は18,000円くらい。

| | Comments (0)

2016.12.18

金ドルが一方的に下落

161218_dmm_xau_d

ドル円の上昇と相反する様に金ドルは一方的に下落している。11月初旬の大統領選挙前に1,300ドル付近だったが結局先週末までに1,130ドルあたりまで170ドルも下落している。金ドルはドル円の上昇が止まるまで下落を続けるんだろうきっと。ユーロドルと似たような動きとも云える。世界的にドル高なんだろう。

DMM.com証券の金ドルは1,300ドルから50ドルづつ買い下がっている。前は20ドルごとだったがもういい加減懲りたので50ドルおきにしたがそれでも含み損は4万円強、と結構積み上がってきた。だが、長期的には金ドルは大きく上下動を繰り返す筈なので、ここは50ドルづつ買い下がって持ちっぱなしでもういいと思っている。

161218_dmm

| | Comments (0)

2016.12.04

OPEC減産合意で原油急騰

161204_dmm_oil_d

11月30日にOPECの会合があり、原産で合意したらしい。どうも市場の予想に反しての合意らしく、原油は急騰した。週末には50ドルを超えている。ただ、原油はある程度以上上昇すると、アメリカのシェールガスとの価格のせめぎ合いになるらしく、50ドル台から大きく上昇することは、どうも今後はなさそうである。というわけで、上がるにしても60ドルがいいところなのではないか。

先週47.5ドルショートを持っていたが週明けに45.3ドルで決済してノーポジ。もう、原油取引は当面しないかもしれない。

原油CFD取引をやめるなら、金ドルしかないので、DMM.com証券は引き上げてマネパに移動してもいいんだけど、ただ、DMMはCFD対応のスマホアプリが予定しているらしく、それならこのまま残っていてもいいと、ちょっと悩み中。いずれにしても来年からか。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧