2011.10.29

ベートーヴェンの交響曲第7番他

最近は著作権の切れた古いクラシックの録音がMP3ファイルとして配布されている。

ベートーヴェン 交響曲第7番

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリンフィル(1983年)
デビッド・ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
カルロス・クライバー/ウィーンフィル(1975年)

フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団(1955年)
クリュイタンス/ベルリンフィル(1957年)
ジョージ・セル/クリーブランド管弦楽団(1959年)

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

シェリング、ハンス・シュミット・イッセルシュテット/ロンドン交響楽団
アンネ・ゾフィー・ムター、カラヤン/ベルリンフィル(1979年)

ブラームス 交響曲第1番

カルロ・マリア・ジュリーニ/ロサンジェルスフィル

オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団(1956年)

マーラー 交響曲第1番

ショルティ/ロンドン交響楽団
ショルティ/シカゴ交響楽団

バルビローリ/ハレ管弦楽団(1957年擬似モノラル?)

| | Comments (0)

2011.08.27

ローランド・カーク、 上原ひろみ

ローランド・カーク; Volunteered Slavery…伊坂幸太郎の重力ピエロに出てきたので買ってみた。
上原ひろみ; Spiral…真山仁のハゲタカの主人公は上原ひろみのピアノを聴いてジャズピアニストになるのを諦めてヘッジファンドを興した。

| | Comments (0)

2011.04.16

ベートーヴェンのバイオリン協奏曲

昔(30年近く昔)、ベートーヴェンのバイオリン協奏曲のレコードを持っていた。ヨゼフ・シゲティのバイオリンでオーケストラは忘れたが、指揮者はアンタル・ドラティだった。非常に堅そうなスキンヘッドのオジサンのジャケットがやけに印象的だった(同じデザインのジャケットのブラームスのバイオリン協奏曲も持っていた)。

久しぶりにベートーヴェンのバイオリン協奏曲が聞きたくなり、アマゾンで適当に検索して、
# 演奏: シェリング(ヘンリク), ロンドン交響楽団
# 指揮: シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
# 作曲: ベートーヴェン
というのを買った。理由は892円と安かったから。

で、20年以上ぶりに聞いたが、思いの外良かった。シゲティの録音は晩年の頃のものだったせいか、線が細くて今にも切れそうな頼りない感じだった。質実剛健のオジサンが老齢化のため覚束なくなった感じといえばよいか。このシェリングの演奏も何となく繊細な感じはするが、安心して聞けるものだった。世間での評判は良く知らない。

でも、もうちょっと図太くてドッシリして自信に満ち満ちた演奏が聞きたいなぁ。

| | Comments (0)