2016.11.12

NT倍率の鞘取り決済

161112_sbi_future

NT倍率の鞘取引は、トランプ大統領が決まった9日、日経平均が大暴落した日の大引で決済した。

ポジションを建てたのは10月24日の寄付

N225: 17,420円売り
TOPIX: 1,368.75買い
NT倍率は12.59倍だった。

閉じたときは、

N225: 16,250円買い
TOPIX: 1,295.00売り
NT倍率は12.55倍。

これはNT倍率の差でとったというよりも、株価の暴落で儲けたという感じである。損益は手数料込みでプラス25,078円だった。これはうまくいった。

161112_sbi_nt

| | Comments (0)

2016.10.05

NT倍率の鞘取りポジションクローズ

161005_sbi_nt

このところ大きく下げていたNT倍率がやや戻してきた。日経平均株価も上昇してきた。先日NT倍率鞘取りロングをナンピンしたが、今日決済してポジションを解消した。

儲けはあまり無く5,000円程度だが一時2万円以上の含み損になっていたのでやれやれである。

持っていたポジションは2枚づつで、
N225: 16,380円買い
TOPIX: 1,307.75売り
NT倍率は12.52倍

クローズしたレートは、
N225:16,815円売り
TOPIX:1,348.5買い
NT倍率は12.47倍

NT倍率は下げているが日経平均が上げているので損益はプラスになった。手数料込みで5,188円の利益だった。

161005_sbi_future

| | Comments (0)

2016.09.25

NT倍鞘取りと日経平均先物

160924_sbi_n225

日経平均先物は日銀の金融政策決定会合の後上昇している。今回の内容は素人的には非常にわかりづらく、株価にとって上昇要素なのか下落要素なのか、よくわからない。チャート的には75日移動平均線を上回り、16,800円あたりに位置している200日移動平均線ももう少しで届きそうな形、200日移動平均線を越えられればこの後上昇が期待できそうである。

160924_sbi_nt

NT倍率のほうは下落して12.40あたり。日銀の発表後ETF買いが日経225ではなくTOPIXへ移行するような報道があり、NT倍率が下落したところで定着しそうないやな感じ。

160924_sbi_future

NT倍率鞘取引は一時持ち直していたのに結局TOPIX上昇のため含み損が1.7万円の状態になっている。この間は逆にロングを建てたらNT倍率が急騰してしまった。今回は逆。日銀のETF買いに翻弄されている感じでうまくいかない。

日経平均先物は16,890円で高値掴みしてしまっていたのを先週16,600円で何とか損切り、日銀、FOMC後に再度16,600円で買っている。このポジションはある程度掴みっぱなしにしておくつもりだが。

| | Comments (0)

2016.09.22

NT倍率の急落とナンピンロング

160922_sbi_nt

きのう9月21日、日銀政策決定会合があった。ドル円は一時的に上昇し、株価も上昇した。昨日の会見でどうも日銀は、これまでの日経平均連動型ETFだけでなくTOPIX連動型ETFを買うようなことを言ったらしく、NT倍率が急落、つまりTOPIXが日経平均に対して大きく上昇してしまった。

それまで12.6倍程度だったNTば率は、昨日の終値で12.4倍台まで下落した。

一週間前の9月15日、日経平均買い、TOPIX売りのロングポジションを建てていたが、この急落で含み損が2万円近くになってしまい、またあまりに倍率の下げが急だったので、ナンピンロングポジションを新規に建てた。

N225: 16,460円買い
TOPIX: 1,325.00売り
NT倍率は12.42倍

平均は、

N225: 16,380円買い
TOPIX: 1,307.75売り
NT倍率は12.52倍

| | Comments (0)

2016.09.15

NT倍率鞘取りの決済と新規ロング

8月末に建てたNT倍率鞘取引のショートを昨日閉じた。このところ株安でNT倍率もやや下落傾向にある。ちょっと早まったかと思ったが、まあ仕方ない。

持っていたポジションは、
N225: 16,560円売り
TOPIX: 1,299.00買い
NT倍率は12.75倍

昨日閉じたポジションは、
N225: 16,465円買い
TOPIX: 1,301.50売り
NT倍率は12.65倍

損益は手数料込みで11,844円だった。

そして今日になり、日経平均の先物が夜間取引でさらに下落してしまい、NT倍率もやや下げていたのでロングポジションを取った。

N225: 16,300円買い
TOPIX: 1,290.50売り
NT倍率は12.63倍

NT倍率的にはまだ下げるかもしれないが、日経平均先物は下打ちを期待した。だめかもしれない。

160915_sbi_nt

| | Comments (0)

2016.09.04

日経平均は上昇、NT倍率は下落

160903_sbi_nt

先週はNT倍率が下げてきた。週末の先物の終値で計算すると12.6倍程度。SBI証券のNT倍率鞘取引は株価自体が大きく上昇したため現時点の含み損益はほぼプラマイ0になっている。

160903_sbi_n225

日経平均先物の値動きを見ると先週末時点で200日移動平均線に到達している。チャート的には200日移動平均線をキープできれば上昇が見込まれる。ただ、この上昇はドル円の上昇に連動して上げているだけにも見え、目先下落しそうな気もする。

160903_n225inusd

こちらはドル建て日経平均株価で、一時期よりは下げているものの先週末時点で164ドル付近に高止まりしている。つまり、日経平均株価はドル円の上昇に支えられているだけ、とも見られる。

この先の日経平均の下落は、現時点で損益がプラマイ0のNT倍率鞘取引でヘッジされている、と考えると今は先物買いなのかもしれない。

先週は日経平均先物取引で結構大きく損失を出している。上昇はいつも緩やかなので、少しづつやられている感じであるが、16,750円売り→16,850円損切り、16,900円売り→17,000円損切り、17,000円買い→16,900円損切り、17,050円売り→17,000円決済、17,010円売り→17,150円損切り、と5戦4敗で損益が-4万円近く。なんだかうまくいかないが、ここで買う気になれない。

| | Comments (0)

2016.08.29

NT倍率鞘取り、新規建て

160829_sbi_nt_2

週明けの今日は日経平均株価は大幅上昇し、終値は16,730円近い。ただ、NT倍率は相変わらず高止まりしている。なのでこれはNT倍率鞘取引のチャンスである。

週末に今日の寄付で注文を入れようかと思ったが、滑る(とは言わないと思うが)のが嫌だったので止めて、結局今晩、数字を見ながら新規に建てた。

N225: 16,560円売り
TOPIX: 1,299.00買い
NT倍率は12.75倍

9月限が来週一杯なので、12月限で立てたため、現物より両方とも値が小さくなっている。

| | Comments (0)

2016.08.27

日経平均は大きく下げたがジャクソンホールを経て先物は上昇

160827_sbi_n225_2

先週、ドル円が下落している割に日経平均株価が底堅い、ということを書いたが、今週はやはり日経平均が下落した。金曜日の日経平均株価の終値は16,400円を切ってきた。

金曜の夜、ジャクソンホールの会議があり、イエレンが利上げについて触れ、ドル円がそれまでの100円前半から一気に102円手前まで上昇した。日経平均先物も16,600円近くまで戻した。

感覚としてはドル円に対してまだ株価が高いような気がしており、まだ日経平均先物は売り、でよいような感じである。ドル円はこの後まだまだ上がるでしょう。

NT倍率の鞘取引は今週月曜日の寄付で全部決済した。結局-6,000円くらいでやや損をしたが、もういいって感じだった。
160828_sbi_future

来週頭にまたショートを持ってもいいんだけど、どうも寄付きや大引けに注文を入れると、値が飛んで意図しない値で約定しちゃうんだよな。


| | Comments (0)

2016.08.21

日経平均先物とNT倍率

160821_sbi_n225

日経平均先物は17,000円目前で下げて先週末は16,500円で終了。このところ16,000円と17,000円のレンジ相場だが、ドル円が100円を割るほど下落している割に底堅い。ドル円が上昇するのか、あるいは日経平均が下げるのか。

160821_sbi_nt

一方、NT倍率は12.8倍で頭打ち、今後は鞘が縮まる方向へ動くのだろうか。だとすると、日経平均が下げるのか、それともTOPIXが上がるのか?

結局先週SBI証券のNT倍率鞘取引きでナンピンポジった。

160821_sbi2

今のポジションは、

N225: 16,732.5円売り
TOPIX: 1,317.625買い
NT倍率は12.70倍

週末の終値は、N225が16,520円、TOPIXは1,295.5、NT倍率は12.75倍で損益は-2,000円弱

| | Comments (0)

2016.08.20

ドル円は下がるの日経平均株価が底堅い

160820_n225vsusdjpy_2

このところNT倍率が上昇しており、市場の歪みが感じられるが、今週はドル円が100円を割れるほど下落した割りには日経平均が底堅かった。

そこでこの6ヶ月のドル円と日経平均、TOPIXを比べてみた。

このところ日経平均やTOPIXに比べドル円の下落が大きいことが分かる。言い換えるとドル円が弱い割りに株価が底堅い。これはどういうことだろうか。

半年前のドル円のレートは約113円、日経平均株価は16,000円だった。今はドル円100円に対し日経平均株価は16,500円程度で、ずいぶん離れていることが分かる。

通常ドル円と株価の連動性は非常に高く、ドル円が上がれば株価は上昇し、ドル円が下がれば株価が下落する。ドル円が下がるのに日経平均が底堅い理由は、日銀のETF買い、とも思われる。

このところNT倍率が以上に高くなっているが、このチャートを見ると日経平均に対してTOPIXが下がっている(つまりNT倍率が上昇している)のは7月上旬辺りからで、それ以前は日経平均とTOPIXはかなり一致して動いている。

このチャートを見ると、日本株とドル円の鞘が広がっていると考えることもできるので、今は日経平均とドル円の鞘取引のチャンスなのかもしれない。

160820_n225inusd

もうひとつ、これは日経平均先物の円建てとドル建て、ドル円のチャートを重ねたものである。
http://nikkei225jp.com/data/dollar.html

日経平均はこのところさえない動きで17,000円を超えられずに下落して16,500円程度をウロウロしているが、ドル建ての日経平均は165ドル近辺で、実はこの1年で最高値となっている。去年の今頃、日経平均は2万円を超えていたがそのときでもドル建ては160ドル程度だった。

これを見ると今の日経平均株価は割高になっているように見える。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧