2017.12.10

ニッセイJリートインデックスファンド買付

結局いろいろ悩んだが、NISA口座でJ-REITの投信を100万円分注文した。この投信のこの3年の値動きはこんな感じ。まあ儲からないかもしれないが、長期的な視点で考えることにする。

171210_sbi_nisseijreit

| | Comments (0)

リートが上がらない件

東証REIT指数は相変わらず上げ渋っている。11月下旬に1,700に届きそうだったがまた下落して先週末は1,660あたりである。

171210_sbi_jreat

分配金利回りは非常に高いのになんでこんなに安値になっているのか、不思議で仕方がない。

SBI証券のNISA口座は今年はまだ使わないまま120万円枠が残っている。勿論無理して何か買う必要はない。これまで3年続けてバランスファンド(世界経済インデクスファンド)を買っている。こいつの現在の基準価額は22,630円。平均取得単価は19,442円となっている。

171210_sbi_funds

なので、REITを100万円分買おうかと思っている。なぜかというと、株価が世界的に現在上昇しており今株を買うと天井買いの恐れがある、J-REITは上げ渋っており逆に買い時に見える、海外REITはすでに90万円分特定口座で買っている、J-REITは個別銘柄を持っているがいろいろ考えるのが面倒なのでETFもしくは投信に乗り換えたい、など。最初ETFにしようかと思ったが、どうもどのETFも分配金があるのでNISA口座だと再投資がややこしそうなので、分配金の出ない投信がいいかと考えた。

で、少し調べたのが↓。これは、J-REITのETF(MAXIS Jリート上場投信、1597)と分配金が出ないニッセイJリートインデックスファンドと日経平均のこの1年の比較である。

171210_n225159729314136_1y

緑の日経平均がこの1年で20%近く上昇しているのに対し、J-REITはむしろ下落している。青が投信、赤がETFであるが投信がETFを上回っているのは分配金の有り無しの違いである。分配金なしは要するに分配金分を再投資していると考えればよいが、それでもこの1年はマイナスになっているということになる。こんなんに投資していいのだろうかと、ちょっと思うが、まあいいか。

ちなみに1597の信託報酬は0.25%、ニッセイJリート…の信託報酬は0.27%である。J-REITのETFは出来高がすごく小さくそれもなんだか不安要素である。ETFの場合出来高はあまり気にしないでいいのかもしれないが。

SBI証券で保有している個別J-REITは、買付価格で222万円、現時点の評価額が230万円で含み益はたった7万円にしかなっていない。

8953 398,906 405,800 リテールファンド
8956 327,114 318,300 プレミア
8960 160,170 162,400 ユナ
8966 252,117 278,700 平和
8985 163,406 157,800 JHR
8986 275,912 323,600 日本賃貸
3308 173,161 162,800 日本ヘルスケア
3281 117,496 124,100 GLP
3290 240,308 247,900 Oneリート
3292 115,206 116,500 イオンリート

REIT 2,223,796 2,297,900

| | Comments (0)

2017.08.05

JNBのキャンペーンのCBが入った

ここに書いたジャパンネットバンクの投資信託積立キャンペーンのJNBスターが7月31日のぎりぎりに有効になった。

5,000ポイントを現金に変換する手続きをしたら即時5,000円になって振り込まれた。

| | Comments (0)

2017.07.09

JNBの投信積立キャンペーン完了

ジャパンネット銀行の投資信託積立キャンペーンの必要期間が終了したので、7月に入ってから積立の取り消しをして、本日解約の申し込みをした。前営業日時点で損益はマイナス800円くらいになっていた。このところやや下がっている。

170709_jnb

積み立てていたのはたわらノーロード国内債券で値動きはこんな感じ。

170709_jnb2

| | Comments (0)

2017.04.08

JNBの投信積み立てキャンペーン

期間

Trust_01_img001

ジャパンネット銀行で投資信託の積み立てキャンペーンをやっている。これは投資信託の積み立てを3回合計15万円以上すると5,000円キャッシュバックされるものである。今月中に積立を設定すれば6月に3回目引き落としということになる。一回あたり5万円を設定すればよい。

投信積立設定期間

2017年1月6日(金曜日)~2017年4月26日(水曜日)14時注文受付分

購入期間

2017年1月11日(水曜日)~2017年6月30日(金曜日)引落分

※積立設定のお申し込みが14時以前の場合はお申込日より2営業日め、14時以降の場合はお申込日より3営業日めからお引き落としを開始できます。

※設定期間中にお申し込みいただいた場合でも、お客さまがご指定の引落日により、6月30日までに積立購入回数がキャンペーン条件の3回に満たないことがあります。3回以上になることをご確認のうえ、お申し込みください。
対象者 ジャパンネット銀行の普通預金口座をお持ちのお客さま

※法人・営業性個人のお客さまはJNB投資信託をご利用いただけません。

内容 期間中に新規で投信積立を設定し、1つの積立設定につき3回以上積立購入をされたお客さまに、合計購入金額に応じてJNBスターをプレゼントします。
合計購入金額 プレゼント
1万円以上10万円未満 1,000JNBスター
10万円以上15万円未満 2,000JNBスター
15万円以上 5,000JNBスター

※エントリー不要。条件を満たされた方は自動的にキャンペーンの対象となります。

※NISA口座での購入も含みます。

※条件を満たした複数の積立設定がある場合は、合算した購入金額をプレゼントの対象とします。

| | Comments (0)

2016.12.03

楽天証券の投信売却

161203_rakuten

楽天証券で500万円分購入した三井住友・日本債券インデックス・ファンドは12月1日約定で解約したが結果的には下落し、1万円弱の損失となった。二日間の基準価額の変動は24円、下落率は0.185%ということになる。これでキャンペーンが30,000ポイント分なので約2万円のプラスとなったということになる。

161203_rakuten2

なお、この5年間のこのファンドの値動きを見ると、+12.74%、単利計算で年2.55%である。意外と、良いというのが印象である。個人向け国債の利率が今は最低の0.05%(確か)まで下がっており、それを考えると年利2.55%というのは、意外と良い。この1年ほどの変動がやけに大きいが、これは日銀のマイナス金利のせいだろう。下げ止まっているように見え、実は今は買いどきなのか。解約しないでずっと持っていても良かった、と思ったりして。

| | Comments (0)

2016.11.28

楽天証券で投信を購入した

楽天証券では11月30日まで約定分の投信のキャッシュバックキャンペーンがあるので投信を買ってみた。

161128_79312021_m

買ったのは三井住友・日本債券インデックス・ファンドで500万円分。今日申し込んだのでおそらく約定は11月30日になると思われる。先週末の基準価額は12,943円だった。この一ヶ月の値動きはこんな感じ。下がっているが一日でどれだけ動くものなのか。

| | Comments (0)

2016.08.28

ニッセイグローバルリートインデックスファンド の買い増し

160828_sbi

結局ニッセイグローバルリートインデックスファンドは13,254円で買い増した。投資額は計70万円となった。

160828_sbi2

| | Comments (0)

2016.08.21

ニッセイグローバルリートインデックスファンド

160821_2931313_2y_2

ニッセイグローバルリートインデックスファンド は世界のREITへの投資として数年前に吟味した上買い付けている。

2014年四月末に基準価額11,106円で20万円、2015年5月初旬に14,098円で20万円買い増し、2015年11月末に14,422円でさらに10万円分、12月末に14,096円でさらに10万円分買い足して、累計60万円投資している。

160821_sbi1

基準価額は2015年初頭の15,000円をピークにじりじりと値下がりしている。これはREIT自体の上昇より円高の影響による下落のほうが大きいためと思われる。

このところ円高でドル円が100円まで下落しており、そろそろ後10万円分程度追加してもいいかと思っている。

| | Comments (0)

2016.06.19

世界経済インデックスファンド買い増し

このところの円高株安で世界経済インデックスファンドが大きく下落している。先週末の基準価額は17,828円。NISA口座で250万円分買っているが含み損が25万円近い。10%近くやられていることになる。

160619_sbi_sekai

160619_sbi_sekai2

NISA口座は今年分がまだ70万円分余裕があるので、あと50万円分買い増すことにした。いずれ上がってくるだろうが、NISAの場合どう利益を確定すればよいか、ちょっとわからなけど、まあいいか。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧