2011.04.27

おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は停波中です

http://jjy.nict.go.jp/index.html

おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は停波中です


 おおたかどや山標準電波送信所では、4月21日13時54分に暫定的に送信を再開しましたが、4月25日12時06分に発生した落雷による影響で送信できなくなりました。復旧の見通しは立っておりません。

 標準電波をご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願い申し上げます。

 なお、はがね山標準電波送信所(60kHz)は通常通りの運用を行っています。

 標準電波の送信状況はWebでご確認をお願いいたします。ご不明な点はこちらまでお問い合わせ下さい。


やる気あんのか

| | Comments (0)

2011.04.25

福島の標準電波(おおたかどや山)

http://jjy.nict.go.jp/index.html

おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は暫定的に送信を再開しました

 東日本大震災により被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
 被災された皆様が一日も早く平穏な生活を取り戻せるようお祈りいたします。

 おおたかどや山標準電波送信所では、福島第一原子力発電所の周辺地域を対象に避難指示が出されたことを受け、標準電波の送信を3月12日19時46分から停止していましたが、必要な措置を実施し、4月21日13時54分に暫定的に送信を再開しました。

 今後、落雷や停電等により停波を余儀なくされる可能性もあります。標準電波をご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願い申し上げます。

 なお、はがね山標準電波送信所(60kHz)は通常通りの運用を行っています。


http://jjy.nict.go.jp/i/index.htm

独立行政法人 情報通信研究機構(NICT) 日本標準時プロジェクト

NICTでは日本標準時をみなさまへお伝えしています。
電波時計に正確な時刻を伝える標準電波の送信情報をお知らせします。

40kHz標準電波
4月21日13:54暫定送信を再開しました
予告なく停波することがあります
更新: 2011/04/21 14:16:36 JST

60kHz標準電波
正常送信中
停波予定無し
更新: 2011/04/22 09:30:03 JST

| | Comments (0)

2011.04.09

計画停電と電気料金割引

昨日、東京電力より、計画停電地域の電気料金の割引が発表された。1時間以上停電した場合、1あたりの基本料金を4%割引くとのこと。割引額は恐らく極僅かだが、これくらいの対応をしてもらわないと、不公平感を持つ計画停電地域の住民としては腹の虫が収まらない。ので、よい対応ではないか。あわよくばもっと割引いてほしかったが。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11040803-j.html

計画停電等に伴う電気料金の割引について

                             平成23年4月8日
                             東京電力株式会社

 当社では、平成23年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震やその余震
等による停電、および同月14日(月)から実施の計画停電により、停電した地域の
お客さまを対象に、電気料金の割引をさせていただきます。

 一般のご家庭など低圧で受電されているお客さま、および高圧で受電され契約電
力が500kW未満のお客さまにおいては、1日のうち1時間以上の停電が発生した場
合、1日ごとに基本料金の4%を割引し、5月分の電気料金ご請求時以降、順次精
算手続をさせていただきます。

 東北地方太平洋沖地震の発生以降、電力需給逼迫により計画停電を実施させてい
ただくなど、お客さまをはじめ広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけ
いたしておりますが、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

                                  以 上

| | Comments (0)

2011.04.04

東日本巨大地震:菅首相、被災地視察は津波から3週間後

これは朝鮮日報の引用。なんだか、日本て情けない国だな…

http://www.chosunonline.com/news/20110404000020

記事入力 : 2011/04/04 09:23:03 東日本巨大地震:菅首相、被災地視察は津波から3週間後

 菅直人首相は3月11日に東日本大震災が発生してから3週間ぶりの今月2日、津波の被害地域や福島第1原子力発電所近くの現場を初めて訪れた。震災発生翌日の12日、菅首相はヘリコプターで福島原発上空を一回りしただけで帰ったが、今回は原発から20キロ離れた原発事故支援の拠点「Jヴィレッジ」を訪れた。

 菅首相は同日、岩手県陸前高田市にある避難所約80カ所のうち1カ所を訪れ、20分間被災者に会った。読売新聞は「歓迎よりも、被災者の間に何か冷たい雰囲気が漂っていた」と報じた。被災者たちは「視察が遅すぎるのでは」「今、(首相に)避難所に来てもらっても何も変わらない」と語った。

 菅首相は先月13日の記者会見で涙を見せ「戦後最大の危機」と強調した。しかし、それから2週間は記者会見をせず、戦後最大の危機が起きたという現場を視察することもなかった。暖房もほとんどない避難所で1枚の毛布にくるまり寒さをしのぐ避難民たちは、救援物資不足から「寒い、おなかがすいた」と嘆き、薬品や医療スタッフ不足から「早く医薬品を送ってほしい」と訴えた。

 そうした間、菅首相は東京の首相室から出なかった。代わりに枝野幸男官房長官が「首相は原発事故収拾に専念しているため、記者会見ができない」と語った。また、首相が現場を視察しないことについては「救援活動の邪魔になる恐れがあるから」と説明した。

 米国をはじめとする海外の政治指導者が、大災害が起きると事故現場を自ら視察し、陣頭指揮を取るなど総力を挙げるのとは対照的だ。

 外国には全く理解しがたい菅首相の行動について「日本特有の政治システムのため」と分析する声もある。菅首相が先月13日にヘリで原発上空を回り、同15日に東京電力本社を訪れたことについて、野党や一部メディアにはむしろこれを批判する意見が多かったためだ。このとき、日本の一部メディアは「専門知識がない首相が現場を訪れたことにより、かえって復旧作業の邪魔になった」と批判した。

 議員内閣制である日本では、首相の役割や権威が大統領制の国とは違う。福島原発への放水作業で、東京消防庁ハイパーレスキュー隊が出動したのも、首相が東京都知事に「指示」ではなく「協力」を要請して実現したものだ。政府関係者が消防関係者に対して「(放水を)速やかにやらなければ処分する」と言うと、東京都知事が首相に直接会って抗議し、首相は謝罪した。菅首相が災害復旧に力を入れるため連立を申し入れると、自民党は「首相が退陣するなら連立に応じることもできる」と答えた。戦後最大という危機的な状況なのに、野党は首相を支援するのではなく「まずは退陣せよ」と要求したのだ。

 日本の各メディアも、菅首相に対し、陣頭指揮を執ることではなく権限の分散を注文している。かつての阪神・淡路大震災のときのように「地震からの復旧」について全権を行使できる人を現場に派遣すべきというのだ。日本のあるジャーナリストは「日本式システムは首相が指示するのではなく、協力を要請するというもの。民主党は財界などに人脈がないため、救援活動において財界から支援を受けるということがほとんどできていない」と話している。

| | Comments (0)

2011.03.21

3連休の地震の影響

今日が3連休の3日目にあたる。横浜は朝から冷たい雨が降っている。

土曜日と日曜日は天気もよく、また、気温も高くて比較的良い日和だった。天候と休日ということもあり、電力消費量は抑えられたようで、土日は停電はなかった(助かった)。

買い物へいくと、品不足ではあるものの、生活に困るほどではない。食料品は乳製品以外は概ね手に入る(ただ、高い)。店舗は節電に協力するためか、照明を暗くしている。

今日は雨でしかも土日に比べると寒いため、午後以降の停電については未定(つまり実施するかもしれない)とのこと。11時現在まだ未定のようである。

福島原発のほうは関係者の尽力により、なんとか落ち着いた雰囲気になってきているが、今度は食料品の放射線による汚染だとか、水道水の放射線による汚染だとか、そういう方向へ世間の注意が向いてきている。政府が一部汚染地域の野菜の出荷停止だとか決めるもんだから、世間の不安感を煽っている。ただ、テレビを見ると、しきりに現在の放射能漏れの量が人体に影響を及ぼさない低レベルであることを何度も強調しているのが、逆に気になる人も多いのではないだろうか。何となく、騙されているような。正確に物事を伝えるのって難しい。

ところで、世の中的に問題になっているのかどうかわからないが、福島の電波時計の送信所が停波しているらしく、うちの中の電波時計が全部ダメである。九州にもう1つ電波時計の送信所があるが、そちらに対応している電波時計でないとダメである。うちの電波時計が九州の電波に対応しているのかどうかは調べないと判らない。手動で切り替えるタイプのものもあるのかも知れない。

| | Comments (0)

2011.03.16

計画停電実施される

きのうは福島第一原発の放射能朗詠が心配で家族を大阪の実家へ帰した。新横浜は大混雑だったらしい。大げさかもしれないが、原発の放射能よりも、それを理由としたパニックが起きることが恐かった。

18:20からこの辺りは計画停電の予定だったが、どうも19時近くに本当に停電になったらしく、会社から中山駅にグリーンラインで着いて地上に上がると、真っ暗だった。家に帰って蝋燭をつけて寒い中で携帯のワンセグを見ていたが、21時ごろになって突如通電が始まり、停電は終わった。

本当に計画停電が実施されるなんて。。。

今日も計画停電に伴い会社は休業になった。この辺りの計画停電は今日は15:20~19:00である。横浜線は今日から動き出すらしい。

| | Comments (0)

2011.03.14

東電の計画停電は結局実施なし

東京電力の輪番停電(計画停電)は横浜の我が家の地域では結局実施されなかった。朝から電車が動かずこりゃ会社に出れないなぁと思っていたら、今日は臨時休業のメールが届いた。というわけで、今日も一日中家に居た。

福島第1原発の3号炉が3時半ごろに水素爆発を起こしたが、放射能漏れはなしとのこと。一安心していたら今度は2号炉の燃料棒露出とのニュースが入ってきて気が抜けない。万一大規模放射能漏れが起きたら関東地方にはもう住めないことになる。早々に荷物をまとめて大阪へ逃げ帰る準備をしなければ。停電どころではない。

| | Comments (0)

2011.03.13

計画停電

東京電力の電力供給量が足りなくて明日から計画的に停電させるとのこと。なんだか大変なことになってきた。あわてて懐中電灯を探したり蝋燭を探したり。

今日の昼間にヤマダ電機に行ったが、懐中電灯はすべて売り切れ、乾電池もほぼ全部売り切れていた。きのう辛うじて単3電池は入手していたが、単1は手に入る当てがない。大阪の実家に電話して懐中電灯と単1の乾電池を買って宅急便で送ってもらうように急遽依頼したが、宅急便もちゃんと届くんだろうか。

充電するべきものを今のうちに充電しておこうと思ってコンセントは満杯状態。

| | Comments (0)

2011.03.12

福島原発で炉心溶融!!

地震のせいで福島の第1原発で炉心溶融が起きたらしい。午後3時半ごろ爆発し原発覆う壁が吹き飛ぶ日テレの映像を見て身の毛がよだった。

午後7時に避難命令が10km圏内から20km圏内に拡大された。午後6時過ぎに枝野官房長官が記者会見をしたが、何かを隠しているようで歯切れが悪い。非常に不安を煽る会見だった。

横浜は福島原発から約250km。チェルノブイリのときは250kmが汚染されたらしいので、ビミョーな位置である。本当に水蒸気爆発が起きていたら、東京圏内がすべてやばいことになる。

その後20時半に管総理と枝野官房長官の記者会見があり、どうやら放射能漏れはなさそうで一安心。1号炉は海水で冷やして復旧は諦めるつもりの模様

| | Comments (0)

大地震!!

昨日午後3時前に大きな地震があった。会社の建物の中(13階)にいたが立っていられないくらい揺れて、マジで怖かった。今迄経験した中で最も大きな地震だった。電車は動きそうもなく、仕方なしに歩いて帰ろうと思い、5時半ごろ川崎から歩き出して一時間後、なんと自由が丘の学校へ息子を迎えに行けという指令が入り、新川崎の辺りから南武線沿いに上へ上がり、丸子橋を渡って田園調布の駅前を通り、自由が丘の息子の学校に着いたのが午後8時半。この時点で相当疲れていたが、そこから家までiPhoneで経路検索をすると20km、4時間。。でも歩くしかないので、午後9時前に学校を出発して、二子玉川で多摩川を渡り、246沿いに梶ヶ谷辺りまで歩き、そこから246をそれて北山田に着いたのが午前0時。携帯電話に家から横浜市営地下鉄が動き出したとの情報を入手していたので地下鉄に乗って中山へ。駅まで車で迎えに来てもらい、家に着いたのは0時半くらい。

かなり疲れた。

| | Comments (0)