2018.05.13

日経平均はようやく上昇へ反転か?

180512_sbi_n225

先週の日経平均は上昇し、先物の終値は22,700円となった。先週まで22,500円前後で膠着して頭打ちに見られたが、ここを上抜けたのでようやく上昇に弾みがついた感じ。

25、75、200日移動平均線を上回り、さらに25日平均線が75日線を超えたので23,000円辺りまでは伸びそうな感じ。23,000円前後でまたもたつくかもしれない。

1月25日に買った6月限り先物23,400円がまだ塩漬けである。損益ゼロまで粘れるか。。。

| | Comments (0)

2018.04.15

日経平均は22,000円手前で足踏み

このところの日経平均は22,000円手前で足踏みしている。一時のボラティリティの高さは縮小し21,000円を割る気配はないがかといって22,000円を超えて大きく上昇する兆しも見られない。

株価のボラティリティの高さはすべて、極端に言えばトランプのツイッターが原因である。中国に高い関税を課してみたり、TTPへの再参加を匂わせてみたり、ほんとかウソかわからないことが多すぎる。

ただ、この週末、シリアが化学兵器を使ったという理由で、アメリカはシリアに軍事攻撃を仕掛けたと発表している。週明けおそらく円高に振れ、株価は下落すると思われる。ただそれが、どの程度になるかは、わからない。

180415_sbi_n225

| | Comments (0)

2018.04.01

日経平均は上昇、NT鞘取りは決済

先週の日経平均は週初にどーんと下落し20,000円台前半まで下がったがその後持ち直して、週末の終値は21,500円弱。どーんと下げるのは2月以来3度目。チャート上は200日移動平均線を辛うじて上回り、25日移動平均線もよりもやや上に顔を出してきた。このまま75日移動平均線(現時点で22,400円あたり)まで戻せば、大きな下落トレンドは終わりじゃないか。

180401_sbi_n225

一方NT倍率の方は週末にやや上昇し12.5倍あたり。3月26日にロングポジションを建てたNT鞘取りは金曜日に手仕舞った。

180401_sbi_nt

3/26に建てたロングポジション
N225 20,515円で買い
TOPIX 1,652.00で売り
NT倍率は12.42倍
3/30に決済(夜間取引だったので記録上は4/2になっている)
N225 21,440で売り
TOPIX 1,716.74で買い
NT倍率は12.49倍
損益は+27,592円

| | Comments (0)

2018.03.25

日経平均また急落

日経平均がまたまた急落した。

急落の理由がトランプが貿易関税を上げる大統領令に署名し、しかも日本は例外ではない、ということになったから。カナダ、メキシコ、EU、韓国は例外らしい。

というわけでNYダウも下げているが日本株のほうが下げがきつい。

日経平均先物は週末20,000円代前半まで下落した。これまで節目と思われた21,000円はあっさり割り込んでしまった。今後はここが上値抵抗線になる予感がする。最悪。。。

180325_sbi_n225

| | Comments (0)

2018.03.10

日経平均乱高下

180310_n225__w

先週の日経平均株価は週明け21,000円で始まったが少しづつ値を上げていた。木曜日の終値が21,400円辺りだったがそれが金曜日の午前中に21,800円を超えるくらい上昇した。この原因はおそらくトランプが北朝鮮の金正恩と直接会談すると突如言い出したかららしい。

ところが午後は急速に値を下げているこれは、黒田日銀総裁のせいらしいがまあよくわからない。

先物は金曜日がメジャーSQ日でチャートで限月がどう入れ替わっているか分からないので何とも言えないが、金曜日の夜間取引の終値は21,700円辺りまで戻している。3月限と6月限の値は3月の権利落ちの関係で100円~200円くらいずれている。金曜日からは限月が変わるのでこの終値は6月限ということになる。

週明けの日経平均は先物とのズレがこのままだとすると、21,800円から900円程度で始まると思われる。週末に大きな出来事がなければだが。

180310_sbi_n225

先物取引は、結局今週頭に22,000円ロングは21,000円で損切り、20,800円で買ったがそれを21,000円で売ってしまった。その後急上昇をした先物は火曜日の夜間取引で一旦21,700円近くまで上昇した。ところが何故かその次の水曜朝の寄付きでは21,100円近くまで急落した。その時に21,165円で買った。そして木曜日は小康状態で金曜日にまた21,700円近くまで上げた後21,200円まで下げ、また夜間取引で21,700円近くまで上昇している。

どうも21,700円辺りが大きな壁になっているようである。ここを突破すればさらに上昇しそうなんだけど。。

| | Comments (0)

NT倍率鞘取りロング決済

180310_sbi_nt

NT倍率鞘取り引き、結局SBI証券に戻した。

1/9に建てたショートポジション
N225 23,756円で売り
TOPIX 1,883.5で買い
NT倍率は12.61倍
1/31に決済
N225 23,525円で買い
TOPIX 1,874.75で売り
NT倍率は12.55倍
損益は手数料込みで14,194円

2/7に建てたロングポジション
N225 21,645円で買い
TOPIX 1,749.75で売り
NT倍率は12.37倍
2/26に決済
N225 22,160で売り
TOPIX 1,776.25で買い
NT倍率は12.48倍
損益は+24,844

180310_sbi_nt2

昨日決済した分だけ当日扱いで表が別になっているが、

3/5に建てたロングポジション
N225 20,860円で買い
TOPIX 1,676.25で売り
NT倍率は12.44倍
3/12に決済
N225 21.500で売り
TOPIX 1,709.25で買い
NT倍率は12.57倍
損益は+30,326円

180310_sbi_nt3_2

| | Comments (0)

2018.02.25

日経平均はやや戻して小康状態

先週の日経平均株価はやや戻し先物は22,000円程度で終わっている。

一時の大暴落は落ち着き、やや戻した状態で落ち着いている感じがする。ただ、今後も小さな要因で大きく変動することが予想され予断を許さない状況である。

チャート的には200日移動平均線で跳ね返され、現在22,000円のレジスタンスの攻防といったところ。ここを上に抜ければさらに戻して22,000円後半が見えてくる。ここは高値→安値の50%戻しのラインになる。

180225_sbi_n225

先物は6月限は23,400円のロングを握りっぱなし。3月限を22,000円で買ってこれは少し上がれば売るつもりの短期で保有している。来週末で終わりなのでいずれにしてもそれまで。

今回懲りたので、今後は先物を裸で取り引くするようなことは止めて、日経平均連動のETFでも買うことにしようかと思ったりする。現物だと怖くて先物mini分(100倍)も買えないんじゃないか。それを思うと先物のレバは怖い。

| | Comments (0)

2018.02.18

日経平均反転上昇?

暴落していた日経平均株価がようやく落ち着いてきた。

180218_sbi_n225

日経平均の先物は1月24日の高値24,170円から2月14日の20,900円まで一気に3,000円以上下落した。その後やや持ち直し先週末の終値は21,900円。チャートの上では25日、75日移動平均線を一気に割り込み200日移動平均線で止まった、という感じきれいな形をしている。

上昇するなら上値目途は75日移動平均線の22,800円あたり、下落するなら200日移動平均線の21,000円付近ということになる。まあ上なんだろうが、ドル円が急落しており不安要素となっている。

先物は3月限23,600円ロングを結局21,300円で損切りしマイナス23万円、その後21,000円で買って21,500円で売って5万円は取り返した。6月限23,400円ロングは握りっぱなしである。チャートでみると4日連続陽線となっており、まだ上昇しそうに見える。日経平均はまだ2日連騰だけ。

22,000円あたりもちょっとチャートポイントで上げ渋るのかもしれない。22,000円を難なく突破するようなら買いたいところ。

180218_sbi_nydow

↑これはNYダウの動きで日経平均の動きをやや先取りしているように見える。NYダウが上がり続けるなら日本株も追随するだろう。

180218_sbi_bond

↑こちらは米国10年債の利回りでずっと上昇している。3.0%を超えるようだと波乱が起きそうだが、ドル円との相関が現在ほとんどなくなっているので、一体どうなっているのか。

今までの各指数の動きは、米国金利上昇は円安ドル高、米国株上昇は円安ドル高日本株高、金利と米国株の関係はよくわからない、だったが、現在為替は円高ドル安、米国金利は上昇、米国株は上昇、日本株は上昇、となっており、ドル円の動きだけがおかしい。

| | Comments (0)

2018.02.10

日経平均大暴落、先物の含み損は45万円

今週日経平均は大暴落だった。1月下旬には24,000円だった日経平均株価は、先週の最安値で実に21,000円、3,000円近く一気に下落した。

180210_sbi_n225

カブコムの先物で3月限で23,600円、6月限で23,400円とロングを2枚も持っていたが、損切りできずにそのまま指を咥えて下落を眺めていた。ある時までは、こまったなあ、だったがここまで下げるともう感覚が麻痺してしまい、あまり何も感じない。もういいや、放置、って感じ。まだ下げるんだろうか。ここできっぱり損切りするべきなんだろか。

先物の裸取引はもうしないと決めたのに。

| | Comments (0)

2018.02.03

日経平均先物大幅下落

日経平均は年明け以来大きく上昇し24,000円を超える局面もあったがこの一週間で大きく下落し、今週末の先物はついに23,000円を割ってしまった。

格段下がる材料はないが、このところ米国金利が急上昇しており、週末のNYダウが大きく下落したのにひきずられたようなところもある。25日移動平均線を明確に割り込んでいる。75日移動平均線が22,000円台後半に迫っており、これを割り込むようだと結構やばいかもしれない。一応23,000円がサポートラインに見えるが。

米国債の利回りが2.8%を超えるくらい上昇しているのになぜかドル円の上昇が限定的である。普通は、米国金利とドル円は連動することが多いのに、何かおかしい。一体どういうことなんだろうか。

180203_sbi_n225

先物の裸は止めるつもりだったのになぜか、23,600円で買ってしまい握ったまま。さらにもう少し長期のつもりで6月限を23,400円で買ってしまい、週末の含み損は11万円近く。また損切りできずに含み損を膨らまして、まったく進歩がない。楽天証券でコツコツ積み上げた利益を、先物の裸で全部吹っ飛ばしている。週明けは損切りか。

こちらが米国10年債利回りの5年間の週足である。現在2.8%まで急上昇しており直近の高値は2013年12月30日の3%まで見当たらない。

180203_sbi_bond


| | Comments (0)

より以前の記事一覧