« December 2016 | Main | February 2017 »

2017.01.29

先週の日経平均(1/29)

170129_sbi_n225

先週の日経平均株価は下落トレンドがやや持ち直したかんじ。19,000円はキープされ一時は19,500円まで上昇した。このまま19,500円を越えていければ2万円も見えてくる。先々週は25日移動平均線を割り込んでいたが、先週は回復している。

先週の先物取引は19,000円で売ってしまったがその後上昇を続け、19,200円で損切りした。ちょっと迷ったが結果的には損切りしておいてよかった。そうしていなければ今頃5万円近い損失を抱えて臍を噛んでいたことになっていただろう。

| | Comments (0)

今週の為替予想(1/29)

170129mt4usdjpyd

先週のドル円は週初に112.5円あたりまで下げたがそこから上昇して結局週末は115円ちょうどあたりで終わっている。ただ115.5円あたりが重い感じがした。これまでの下落トレンドからレンジ相場入り、範囲は112.5円から115.5円といったところか。当面この範囲で逆張りで抜けるのを待つ感じか。市場はトランプ大統領の一挙手一投足に翻弄されている感じでなんだか頼りない。

170129mt4eurusdd

ユーロドルはドル円よりは方向感がはっきりしていて上昇トレンドに転換しているように見える。ただ上下動がかなりある。ドル円がレンジ、ユーロドルがおぼつかない上昇、とすると今はユーロ円がいいのかもしれないと思ったりして。ユーロドルはまあ買いでいいんだろう。

170129mt4eurjpyd

ユーロ円は普段見ることはあまりないが、週末の終値は123円ちょうど付近。少し下げたら買ってもいいのかもしれないが普段馴染みがないので入りにくい。

170129mt4audusdd

豪ドルドルはサポートラインの0.75ドルは上回っている。これもやや動きがはっきりしないが0.75ドルを下回るまではロングキープといったところか。新しくは入りにくいが0.75まで下げたら買いか。

170129mt4euraudd

ユーロ豪ドルもなんだかはっきりしない動きだが、1.415がどうも底のようではある。週末終値はほぼ下限の1.415ドル付近で買って様子見しかない。

ちょっと今週は明確な方針が立てられない状況である。

先週の取引は、
ドル円は114.6円週越しショート→113.5円決済、114円ショート→113円決済、113円ショート→115円損切り、115円ロングで週越しとレンジ相場にやられている。
ユーロドルは1.07新規ショート週越し
豪ドルドルは0.75ドル週越しロング→0.76ドル決済、0.755ドル新規ロング週越し
ユーロ豪ドルは先々週から1.42ドルロングを引き続き持ち越し

| | Comments (0)

サンメッセ(7883)、アイドマ(9466)売却

↓昨年10月ごろに400円で買付けたサンメッセ(7883)は先週24日に450円の指値で売却した。ここは前回の四季報でデブルニコちゃんマークだったが今期は消えていた。まあまあか。
170129rakuten78833m

↓立会外で1月11日に566円で買ったアイドママーケティングコミュニケーション(9466)は損しなければいいとおもって600円に売り指値を入れていたが24日に約定した。その後株価は高騰し先週終値は636円。何で急に上昇したのかわからないが、もっと粘って持っていたほうがよかったのかも知れないが、こんなに上がるとは思えなかった。
170129rakuten94663m

| | Comments (0)

2016年分の確定申告

例年のように去年分の確定申告の作業を始めた。

株譲渡益の計算はトータルではマイナスなので支払った税金が還付されるが、非常にややこしい。

確定申告が必要な証券会社が5社ある。(SBI証券、楽天証券、カブコム、大和証券、野村證券、みずほ証券)

野村證券は個人向け国債の利金とMRFの利子だけ。みずほ証券もMRFの利子だけなので譲渡益はない。

大和証券は逆に株の譲渡損だけ、配当金収入はないので源泉徴収されていない。

カブコムは株の譲渡益はマイナスで源泉徴収はなく、配当金は源泉徴収されているが譲渡益と配当金の合計がマイナスなので配当金の源泉徴収額は全額カブコムから還付されている。

楽天証券は譲渡益がプラスだったので、譲渡益、配当金ともに源泉徴収されている。

一番ややこしいのはSBI証券でここは株の譲渡益はマイナスだが配当金との合計がプラスになっており、株の売買に関しては源泉徴収されておらず配当金は源泉徴収され、株の譲渡損益と配当金の合計に対する税額との差額が還付されている。

すべての証券会社を合計した株の譲渡益と配当金の合計は結局マイナスなので支払った税額全額が還付されることになる。これが結局手元の計算では国税(所得税)が31,609円、住民税が10,316円になる。

確定申告で還付されるのは国税(所得税)だけで、地方税は還付されない。地方税は恐らく月々の住民税から還付金額が差し引かれるんだと思う。このあたり非常にわかりづらい。

で、結局トータルでは株の譲渡損益は-624,314円、配当は272,233円で差し引き-352.081円ということになった。去年から繰越された損失が1,018,400円なので翌年に繰越される損失は1,370,491円となる。今年は140万円近く儲けたとしても税金はかからないということになる。

FX/先物の税金上の区分が気になったので少し調べたが、FX/先物の利益は雑所得に分類されるが、FX/先物の雑所得は、他の雑所得とは区別され、FX/先物の雑所得は申告分離課税、他の雑所得は総合課税になる。総合課税される雑所得はは給与所得と合算されるが、20万円以下であれば税金はかからない。

一方、FX/先物取引はどうかというと、こんな感じ。

FX/先物取引の去年1年の合計損益は手数料分差し引いてプラス36,578円だった。で、前年までの繰越損失は前年分が18,847円、前々年分が199,186円なので、翌年へ繰越される損失は181,455円になる。前々年分の繰越分は去年の利益で消化されたということになる。

あとはふるさと納税分があるが去年は12万円分寄付したので国税として還付されるのは2,000円を引いた金額の10%の11,800円ということになる。

というわけで今年の確定申告は還付請求だけなので、入力して今日送信まで終わった。

毎年悩まされるのが、個人番号カードの利用者識別番号と暗証番号、電子証明書の暗証番号、公的個人認証の署名用パスワードと全部ばらばらでわけがわからなくなる。本当にむかつく。

確定申告の入力後の計算で還付金額は66,633円になった。

| | Comments (0)

みんクレ、その後

170129_mincre_3

みんなのクレジットのその後。。

金融庁の監査が入ったその後の経過はよくわからないが、年が明けて、税金が源泉徴収されるようになったようである。運用実績を見ると1月分の配当金が1,321円、税引き後1,052円となっている。

あと、新規口座開設と出資で6,000円というのもキャッシュバックされていた。15万円投資のキャッシュバックとあわせて16,000円、それと1月の配当金を合計した17,052円が今現金として口座にある。

| | Comments (0)

2017.01.22

大和証券で個人向け国債の買付け

個人向け国債は野村證券の600円分持っているが、個人向け国債のキャンペーンがどうもそろそろ終わりそうである。なので、大和証券で1000円分買い注文を入れた。1000円買うと5万円のキャッシュバックとポイントプログラム1,000pt分が還元される。

申し込み期限は1月一杯、キャッシュバックは3月17日とのこと。1年経てば過去2回分の利子と引き換えに現金化可能。

利率はマイナス金利の今、最小の0.05%(税引き前)であるので、5万円のキャッシュバックは0.5%に当たるので、10年分の金利がサービスで貰えるという事になる。まあ、いつまでこの低金利が続くのか知らんが、銀行に置いといてもまったく利子がつかないので、ノーリスクで運用するなら今は個人向け国債を買うくらいしかない。

| | Comments (0)

楽天証券の取引

今年に入って楽天証券の取引

170122rakuten27783m

パレモ(2778)200株330円で売却、プラス8,650円。10月に285円で買っていた。ここはもう買わない

170122rakuten24803m

システムロケーション(2480)100株750円で売却、プラス14,550円。12月に600円で買っていた。こいつ残念ながらその後も上昇し今は800円まで。また下げれば買いたいが、もう下がらないかもしれない。時価総額29億円の小型株。PER30倍、PBR1.63倍でやや割高

170122rakuten75383m

大水(7538)100株240円で売却、プラス2,750円。去年6月にこれは立会外で211円で買っていた。ここは流動性も少なく値動きもなかった。もういい感じ。時価総額32億円、PER6.4倍、PBR0.56倍で割安ではあるが

170122rakuten94663m

アイドママーケティング(9466)100株566円で買付け。これは立会外で買ったのでそこそこ上げたら売却予定。時価総額78億、PER15倍、PBR2.82倍であまり割安というわけでもない

170122rakuten23423m

トランスジェニック(2342)100株650円で買付け。ここは上昇待ち当面キープ。時価総額96億円、PER147倍、PBR3.13倍と割高

170122rakuten76083m

エスケイジャパン(7608)200株300円で買付け。ここも値上がり待ちで当面キープ。時価総額26億円の小型株。PER9倍、PBR1.6倍

170122rakuten67713m

池上通信機(6771)1000株160円で買付け。200円くらいまで上昇期待。ここは時価総額117億円、PBR38倍、PBR0.84倍

| | Comments (0)

今週の為替予想(1/22)

170122mt4usdjpyd

ドル円は114円あたりで踏ん張っているんものの頭が重い展開となっている。先週英メイ首相のハードブレグジットが発表され、その後影響でドル円が一時112円台に下げたがその後戻して週末終値は114.5円付近。ガーンと落ちるかと思ったが、意外と落ちなかったが方向としては下に見える。このまま114円台で揉み合うようならちょっとわからない。アメリカ大統領が正式に就任して相場的にはやや落ち着くんだろうか。

170122mt4eurusdd

ユーロドルは下落トレンドチャネルは上抜けしたが上がるわけではなくグズグズしている。まあ方向としては上なんだろうから少し下げたら買いでいいのではないか。

170122mt4audusdd

豪ドルドルは先週V時回復でレジスタンスを上に抜けるかどうか、がポイントだったがチャート上はサポートの0.75ドルを上に抜けている。ロングキープか。

170122mt4euraudd

ユーロ豪ドルは1.41ドル付近でここがサポートされるなら買いなんだが、抜ければ下がりそう。まあ、ここは買いか。

先週の取引は、
ドル円は113円ロング→114.5円決済、114.6円ショート持ち越し、
ユーロドルは1.06ショート持越しを同値決済、ドテンロング→1.07決済、もう一度1.06ロング→1.07決済
豪ドルドルは0.75でいったんショートを同値決済、ドテンロングで週越し、
ユーロ豪ドルは先週から1.42ロング先週から持ち越し、
となった。持ち越しはドル円114.6円ショート、豪ドルドル0.75ドルロング、ユーロ豪ドル1.42ドルロング。

| | Comments (0)

先週の日経平均(1/22)

170122_sbi_n225

先週の日経平均先物は一時18,600円台まで下げることがあったが週末には19,000円台を回復して終わっている。金曜日の日経平均の終値は19,138円、先物の週末終値は19,090円だった。

金曜日(日本時間では土曜日の未明)、トランプ大統領が正式に就任したが、株や為替は意外と動きが少なかった。トランプ大統領の就任演説に大きなサプライズはなかった模様である。就任後いきなりTPP離脱を表明、NAFTAの見直しを指示などがニュースになったがいずれも事前の情報があり市場は織り込み済みだったのか。

ただ、チャート的にはあまりよくない形をしており、大統領選挙後上昇を続けてきた株価は1月初旬で頭打ち、下落へ転じたように見えるのは先週から変わっていない。

先物の取引は結局先週19,000円ショートを19,800円で損切り、やっぱり今年もだめかと思ったが、18,700円ロングを18,900円で決済、19,100円でショート、19,000円で決済で±ゼロにはできた。

| | Comments (0)

最近読んだ本(ハサミ男他)

タイトル  ハサミ男
叢書名   講談社文庫
著者名等  殊能将之/〔著〕
出版者   講談社
出版年   2002.08

美少女を殺害し喉にハサミを突き立てるハサミ男は女だった。殺人事件の第一発見者が二人であることが最初から伏せられ(伏せられていなかったのかもしれないが気づかなかった)、太った男(日高)と本当のハサミ男(安永)が読者に区別がつかないしかも、ハサミ男は<医師>と二重人格になっておりさらに、殺人事件の犯人が警察のブロファイラだった。非常に面白かったが、いわゆる叙述トリックだがややずるいと感じたがどうなんだろうか。もう一度最初から読んでみたい。

タイトル  迅雷
叢書名   文春文庫
著者名等  黒川博行/著
出版者   文藝春秋
出版年   2005.5

暴力団の組長を拉致し身代金を要求すして最後は逃げる話だが、これまでの厄病神シリーズやもうひとつの大阪府警シリーズとは違う。これもシリーズものになっているんだろうか。

| | Comments (0)

2017.01.15

今週の為替予想(1/15)

170115mt4usdjpyd

先週のドル円は別記事にも書いたが結局下落し週末終値は114.5円付近。ドル円の日足を見る限りは下落へ転じており、しかも下値目処となるレジスタンスがあまりない。昨年9月27日の安値100.08円と12月15日の高値118.7円を結んだ線の38.2%落ちの111.5円、50%落ちの109.5円、61.8%落ちの107円といったところか。スタンスとしては戻り売りではないか。できれば115円まで戻りを待ちたいがそのまま下がってしまうかもしれない。

170115mt4eurusdd

ユーロドルは逆に昨年12月20日の1.035ドルを底に反転上昇し、長い下落トレンドチャネルの上限を越えようているというか、すでに僅かに上回っている。なのでここは買うところか。

170115mt4audusdd

豪ドルドルはユーロドルよりもっと露骨に反転上昇しているが、V字回復の戻り値の0.75ドルに達している。ここを突破すればもっと上昇するし、跳ね返されれば再び下落の分岐点にいる。ちょっと分からないがどちらへ抜けるかは注目である。

170115mt4audjpyd

豪ドル円はドル円が下落し豪ドルドルが上昇しているのでちょっと分からない状態になっている。これは今は入れない。ドルと豪ドルとどっちが強いかによる。下げれば買ってみてもいいのかもしれないが、ちょっと違うのかもしれないなあ。

170115mt4euraudd

というわけでユーロ豪ドルを見てみると、こりゃまた酷いレンジであるが、今はレンジの底付近で買い時である。とすると方向としては対ドルでユーロが上昇、豪ドルが下落、ということになるんだが。。。

| | Comments (0)

トランプの記者会見とドル円の動き

170115_gaicom_usdjpy_1h

これは先週のドル円の時間足である。先週のドル円は11日(日本時間の12日未明)のトランプ次期大統領の記者会見で乱高下した後大きく下落した。

会見前はほぼ116円で推移しており、その前後に116.8円付近まで上昇しているがその後大きく下落に転じ、日本時間の12日朝時点では114.2円付近まで長い下ヒゲを付けて115円前半あたりまで戻していた。その後日中にジリジリと下落して結局12日早朝の下ヒゲを下回って113円台まで下落した。13日金曜日にはやや戻して115円を超えたが結局週末終値は114.5円付近。かなり上値が重たくなってきた印象である。

今週の正式就任後の動きが興味深いところである。

| | Comments (0)

先週の日経平均(1/15)

170115_sbi_n225

先々週末の日経平均先物の終値は19,600円。先週の終値は19,250円だった。先週は大きなイベントとしてトランプ次期大統領の当選後初の記者会見だったが、内容は結構お粗末でメディア攻撃と自身の企業経営に関する言い訳に終始した(とメディアでは報道されている)。政策的な内容たとえば法人税減税や為替政策に関する具体的な内容が期待されていたがあまりなかったようで、失望感から株価が下落、ドル円も下落し、それに伴い日経平均も先物が19,000円を一時割り込んだ。ただ、暴落するほどの下落ではなく、まあ押し目だったのかもしれない。

チャートを見るとちょっと上値が重くなってきており、25日移動平均線も割り込みかけている。ちょっと雰囲気としては怪しい感じ。来週トランプ大統領が正式に就任する。その後の動きが気になるところである。19,000円割れば買って19,500円超えれば売るか。いつもこの手の逆張りで失敗してるんだが。

先週は年明けの日経平均先物(もちろんmini)の初取引をして、19,550円ショート→19,400円決済、19,250円ロング→19,355円決済、19,100円ロング→19,200円決済と運よく3連勝。ただこの先、今年も先物裸でやり続けるかどうか、やや疑問を持っている。

| | Comments (0)

金ドルが1,200ドルを超えた

170114_dmm_xau_d_2

このところ金ドルが上昇している。一時1,125ドルを割るほど下落していたが、先週上昇して一時1,200ドルを超えた。

金ドルは昨年(2016年)11月初旬、つまりトランプ前にピーク1,300ドルあたりを付けた後一方的に下落し12月後半に1,125ドルまで下げているが、その後なぜか反転上昇している。トランプ後の下落はドル円の上昇を考えるとまあわかるが、12月からの上昇は、ちょっと分からない。

金の動きって基本的にはドル円と逆なんだが、時々妙な動きをする。米国債の金利と対比すると分かりやすいのかもしれない。

DMM.com証券の金ドルCFDでは1,150ドルロングを1,200ドルで決済して現在1,300、1.250、1,200と3Lotロング、含み損は18,000円くらい。

| | Comments (0)

最近読んだ本(陸王、八日目の蝉他)

タイトル  陸王
著者名等  池井戸潤/著
出版者   集英社
出版年   2016.7

足袋製造の小企業が運動靴の分野に進出する話。ソックリな話が先日NHKのニュースでやっていたが、これって実話だったのか??

タイトル  八日目の蝉
叢書名   中公文庫
著者名等  角田光代/著

第一部は主人公の女が不倫相手の娘を誘拐して育てる話、第二部は成長した娘の生活の話。全体的に暗い雰囲気。この人の本は以前紙の月という本を読んだがやっぱりなんだか暗かった。

| | Comments (0)

最近読んだ本(経済書)

タイトル  世界経済の破断界(ブレーキングポイント) 世界に吹き荒れる後退とデフレの真実
著者名等  若林栄四/著
出版者   ビジネス社
出版年   2015.11

この本は去年3月ごろに図書館で予約して9ヶ月も待ったことになる。これだけ待つと内容が陳腐化してしまう。内容は相変わらずフィボナッチを基本とした為替と株の占い的予測で、これだけ同じネタでいくつも本を書いてそれがそれなりに売れるんだから不思議なものである。ちなみに、米国の株価は2017年第一四半期(今だ)に大暴落して大底を迎えるらしい。日本株はすでに底を打って上昇しているらしい。あと、2016年後半にドル円は93円まで下落するらしい。当たっているのと外れているのと微妙なのと、あるが、確率的にそんなもんだろう。

タイトル  マイナス金利 ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路
著者名等  徳勝礼子/著
出版者   東洋経済新報社
出版年   2015.12

| | Comments (0)

2017.01.08

今週の為替予想(1/8)

170108mt4usdjpyd

先週のドル円は一時115円台まで値下がりしたが雇用統計後117円まで戻している。チャート的には上昇トレンドが一服しているが、下落トレンドへ転換したわけではない。ちょっと入りづらいが、売って様子見、だろうか。下がらないようならすぐにやめる。

170108mt4eurusdd

ユーロドルは先々週はもしかしたら上昇へ転じたかも知れないので、1.05で買って1.045を割れば損切りみたいなイメージだったが結局上げきれず雇用統計後下落した。1.05ドルがチャートポイントでここがサポートになるなら引き続き上目線、割り込むようなら下か。こちらもちょっと入りづらい。

170108mt4audjpyd

豪ドル円はもっとわからない。これはちょっと入れない。

| | Comments (0)

先週の日経平均(1/8)

170108_sbi_n225_2

日経平均(先物)は年末に大きく下げて終わっり、今年もダメかと危惧されたが、大発会で大きく上昇して何とか持ち直した。去年は年初からガンガン値下がりして大変だったが、それに比べれば今年は平穏無事だった。

先週末の雇用統計の結果はあまりよくなかったがNYダウが大きく上昇し2万ドル目前、日経平均先物も19,600円付近まで上昇している。

チャート的には年末に25日移動平均線にタッチして跳ね返された形となっており、上昇トレンドは継続中に見える。このまま20,000円を越えていければいいのですが。

| | Comments (0)

2017.01.07

12月雇用統計

170107_gaicom_usdjpy_10m

非農業者部門雇用者数 結果 15.6万人(予想17.5万人 ) 失業率 結果 4.7%(予想4.7%)平均時給(前月比)0.4% 労働参加率 62.7%

昨日の雇用統計前後に久しぶりに1万通貨で取引をしたが、うまくいかなかった。

FX取引は去年は外コムだけで取引していたが、時々超短期取引を織り交ぜると訳が分からなくなるので、昨日はDMM.com証券のコモディティ口座から一時的に15万円をFX口座へ移動して取引してみた。

結果的にはどうやっても逆に動いてしまい、5,000円損した。このような超短期取引は、ストレス解消にはなるが、決して儲からないようである。

雇用統計発表前はドル円は116円前後をうろうろしていたが、発表直後数字が悪かったのに反応して下へ動いた。しかしながら1分後には上昇に転じ、116.4円付近まで上げたがそこで失速し、その2分後くらいには再び116円を割り込んだが、直後に切り替えして116.6円付近まで上昇、ここまで30分くらいか。結局116.5円付近に落ち着いたところで取引を諦めた。

結局今朝(土曜日)起きてレートを確認したら117円付近まで上昇していた。

最近の雇用統計は以前のように瞬間的に1円も2円も動くことは少なくなって、ずいぶん落ち着いた動きになってきたような気がする。

| | Comments (0)

2017.01.02

2016年のカブコムの損失

去年(2016年)1年間のカブコムの累計損益は約マイナス20万円。一体なんでそんなに損失が嵩んだのか、ちょっと調べてみた。

まず年末(2015年末)から年初にかけての個別株取引、黒田電気でマイナス5万円弱、みずほでマイナス3万円弱の損失を出している。黒田電気は結構下げてやられた感じ。

その後の大きな損失は8月末ごろ、1,800円で買っていた極東証券(8706)を1,250円で損切り、800円、700円、600円と平均700円で300株買い下がっていた東電(9501)を400円で損切りしている。このときの損失がそれぞれ5.5万円と9万円弱。

ちなみに、年末終値は極東証券が1,729円、東電が472円である。

あとはちまちました取引でプラスだったりマイナスだったり。

その他逆に売ってしまってから上昇して臍をかんだのがメガチップス(6875)、あとずっと狙っていて結局買えないまま上昇してしまったのがチャームケア(6062)

170102rakuten68751y

メガチップスはずっと割安放置株だったが結局昨年末からの上昇率は144%、年末の終値は2,587円だった。メガチは1、450円で買ってずっと含み損状態で耐えていたが結局6月ごろに耐え切れず1,400円まで戻したところで売却してしまった。その後信じられない上昇を演じてしまった。

170102rakuten60621y

チャームケアは数年前に確かIPOで当選してすぐに売却してしまったが、ずっと興味を持って追っていたがこれも年初には1,000円もなかったのに急上昇してしまい年末終値は2,977円、上昇率は277%。

メガチは昨年の株価上昇率ランキングで42位、チャームケアは11位である。アー残念。

| | Comments (0)

2017.01.01

2016年の取引まとめ

さて、年が開け2017年になってしまった。去年の取引をちょっとまとめてみた。

・FX取引
去年のFX取引はキャンペーン目当てを除いては主に外為どっとコムで取引した。ほとんど1,000通貨(1Lot)単位でたまに10Lotでやることもあったので、そんなに大きな取引はしていないが、年間の損益は+3,084円だった。11月までは小さな利益を重ねてプラス5万円くらいになっていたが、痛恨だったのはトランプラリー前だか後だか忘れたが1Lotのつもりが10Lotの注文間違いをしてそれを損切れずに損失を拡大し、それを取り戻そうと10Lot単位の取引を続けた結果損失を重ねてしまったことである。あのとき、間違えずに1Lotで注文していたら、間違いに気づいた瞬間にきちんと損切りしておけば、と悔やんでも悔やみきれない。

あとは小ロットの高金利通過長期保有目的のSBI証券のFXαで年間114,322円のプラスになっている。ただ、このうち約6万円分は米国債券を買うために101円で買って107円で売ったもので、この間に債券価格が(日本円建てで)上昇しておりその上昇分の帳消しという意味合いで本来の目的で上げた利益ではない。あと、結局トルコリラ円とか南アランド円とか豪ドル円とか軒並み含み損になっており、それが結局スワップ分を差し引いても-9万円くらいあるので、ぜんぜん儲かってはいない。

・日経平均先物
去年は結局オプション取引は一度もやらなかった。カブコムの日経平均先物の取引は-63,700円。年初に大きく損失を出してしまいそれを11月までに何とかがんばってプラス5万円ほどまで戻したが、その後のトランプラリーにやられて結局マイナスで終わってしまった。

一方SBI証券ではNT倍率の鞘取り引きを行ったが、こちらのほうはプラス57,502円とまあ小幅ながら順調だった。NT倍率取引は入り方さえ間違えなければ比較的順調に利益が出せる。だがこれをミニでなくラージでやって、気持ちの平静が保てるかどうか、というとちょっと疑問である。ラージだと運が悪いと簡単にマイナス10万円とか20万円になってしまう。ただ、TOPIXのmini先物があまりにも流動性が低いので、miniだけだちょっとやりづらいとういのはある。今年は思い切ってラージで行くか。

・株
去年の株取引は証券会社別に完全に目的を割り切った。

カブコムは趣味の取引で適当に取引していたが、結局年間損益はマイナス20万円近い。損失の主な原因の解析は別途。ただ、何か大きな失敗をやらかしたというわけではなく、小さな損失が単純に積み上がっただけ、という印象が強い。

楽天証券は当初は100万円だけ入金して立会外分売で買ってみみっちく売り抜けて儲けを出そうという思想で始めたが、途中から会社四季報のダブルニコチャンマークをめあてに時価総額が小さく安値と思われる銘柄を買っては売り、のような取引をちまちまとしていたが、結局プラス13万円くらいになった。100万円で13万円だから13%ということになる。このスタイルが大儲けにはならないが、堅実でいいんだろうか。

SBI証券は投資目的で売買もあまりせず堅実運用したつもり。ただ、SBI証券の特定口座の年間損益はマイナス6万円。ただ配当金が19万円近くあるのでトータルで13万円のプラスになった。SBI証券の特定口座は日本株だけでなく、債券や外国株も含まれているが。マイナスの主な要因は実はインドネシアルピア債の償還による損失と、物価連動国債ファンドの損切りとすべて債券である。まあ配当が順調に入っており、穏当な結果か。ただ、投資額に対する儲けという意味ではイマイチ。


| | Comments (0)

今週の為替予想(1/1)

170101mt4usdjpyd

先週のドル円は先々週から変わらず大きく動くことはなかった。やや下落気味であるが、トレンドはわからない。週末の終値は117円ちょうど位。押し目にも見えるし下落トレンドへ転換したようにも見えるが、普通に考えるとまだ上昇トレンドが反転したとは考えにくい。ただ、1月下旬にトランプ大統領が正式に任命されると、どうなるか予想がつかない。まあここは押し目と思って目をつぶって買う局面なんだろう。

170101mt4eurusdd

ユーロドルは12/30日の不自然な上ヒゲを無視すると、やはりトレンドが見られない。ドル円とまったく逆で下値を打ち上昇へ転じたように見えなくもないが、戻り売りのチャンスにも見える。おそらく1.05ドル近辺がレジスタンスになっているので、ここを上へ抜けると上昇へ反転、と見えなくもない。1.05で買ってみる、か。1.045を割れるならストップ

170101mt4audjpyd

豪ドル円は調子よく86円あたりまで上昇していたが失速、週末終値は84円付近。ちょっとわからないので入りにくい。

170101mt4euraudd

ユーロ豪ドルは激しくレンジっているがちょっと上へ抜けた感あり。1.45がサポートとなっているので少し落ちれば買って1.45を割ってきたらストップ、か。

| | Comments (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »