« 今週の為替予想(1/1) | Main | 2016年のカブコムの損失 »

2017.01.01

2016年の取引まとめ

さて、年が開け2017年になってしまった。去年の取引をちょっとまとめてみた。

・FX取引
去年のFX取引はキャンペーン目当てを除いては主に外為どっとコムで取引した。ほとんど1,000通貨(1Lot)単位でたまに10Lotでやることもあったので、そんなに大きな取引はしていないが、年間の損益は+3,084円だった。11月までは小さな利益を重ねてプラス5万円くらいになっていたが、痛恨だったのはトランプラリー前だか後だか忘れたが1Lotのつもりが10Lotの注文間違いをしてそれを損切れずに損失を拡大し、それを取り戻そうと10Lot単位の取引を続けた結果損失を重ねてしまったことである。あのとき、間違えずに1Lotで注文していたら、間違いに気づいた瞬間にきちんと損切りしておけば、と悔やんでも悔やみきれない。

あとは小ロットの高金利通過長期保有目的のSBI証券のFXαで年間114,322円のプラスになっている。ただ、このうち約6万円分は米国債券を買うために101円で買って107円で売ったもので、この間に債券価格が(日本円建てで)上昇しておりその上昇分の帳消しという意味合いで本来の目的で上げた利益ではない。あと、結局トルコリラ円とか南アランド円とか豪ドル円とか軒並み含み損になっており、それが結局スワップ分を差し引いても-9万円くらいあるので、ぜんぜん儲かってはいない。

・日経平均先物
去年は結局オプション取引は一度もやらなかった。カブコムの日経平均先物の取引は-63,700円。年初に大きく損失を出してしまいそれを11月までに何とかがんばってプラス5万円ほどまで戻したが、その後のトランプラリーにやられて結局マイナスで終わってしまった。

一方SBI証券ではNT倍率の鞘取り引きを行ったが、こちらのほうはプラス57,502円とまあ小幅ながら順調だった。NT倍率取引は入り方さえ間違えなければ比較的順調に利益が出せる。だがこれをミニでなくラージでやって、気持ちの平静が保てるかどうか、というとちょっと疑問である。ラージだと運が悪いと簡単にマイナス10万円とか20万円になってしまう。ただ、TOPIXのmini先物があまりにも流動性が低いので、miniだけだちょっとやりづらいとういのはある。今年は思い切ってラージで行くか。

・株
去年の株取引は証券会社別に完全に目的を割り切った。

カブコムは趣味の取引で適当に取引していたが、結局年間損益はマイナス20万円近い。損失の主な原因の解析は別途。ただ、何か大きな失敗をやらかしたというわけではなく、小さな損失が単純に積み上がっただけ、という印象が強い。

楽天証券は当初は100万円だけ入金して立会外分売で買ってみみっちく売り抜けて儲けを出そうという思想で始めたが、途中から会社四季報のダブルニコチャンマークをめあてに時価総額が小さく安値と思われる銘柄を買っては売り、のような取引をちまちまとしていたが、結局プラス13万円くらいになった。100万円で13万円だから13%ということになる。このスタイルが大儲けにはならないが、堅実でいいんだろうか。

SBI証券は投資目的で売買もあまりせず堅実運用したつもり。ただ、SBI証券の特定口座の年間損益はマイナス6万円。ただ配当金が19万円近くあるのでトータルで13万円のプラスになった。SBI証券の特定口座は日本株だけでなく、債券や外国株も含まれているが。マイナスの主な要因は実はインドネシアルピア債の償還による損失と、物価連動国債ファンドの損切りとすべて債券である。まあ配当が順調に入っており、穏当な結果か。ただ、投資額に対する儲けという意味ではイマイチ。


|

« 今週の為替予想(1/1) | Main | 2016年のカブコムの損失 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今週の為替予想(1/1) | Main | 2016年のカブコムの損失 »