« NT倍率の急落とナンピンロング | Main | ティーライフ(3172)、テクノスマート(6246)売却 »

2016.09.22

インヴァスト証券のキャンペーン(2)

ここに書いた、インヴァスト証券のフルオートのキャッシュバックキャンペーンについてもう少し調べた。

キャンペーンの条件は以下のとおり。入金は100万円が条件。入金の期限は9月30日となっている。

キャンペーン期間中にご入金のうえ、10月末までに以下の条件を満たした方に15,000円をキャッシュバックいたします。

フルオートの稼働 (※1)
ストラテジーの自動入れ替え1回以上 (※1)
ストラテジーによる自動売買1回以上(※2、3、4)

※1フルオートによるストラテジーの自動入れ替えは土曜日に実施されます。自動入れ替えの結果、同じストラテジーが選択された場合でも条件達成となります。
※2自動売買はMyシストレ24またはMirror Traderの決済履歴で決済の左側に「A」表示となっている取引が対象です。
※3フルオートにより選択されたストラテジー以外の自動売買(「A」表示)も対象となります。
※4お取引は、新規約定1回、決済約定1回の往復取引で1回とカウントいたします。(決済を手動で行った場合の取引もカウントいたします。)

この条件が非常にわかりづらい。

フルオートというのは、シストレ(ミラートレーダー)のストラテジーを毎週土曜日に自動的に入れ換える仕組みで、ある条件の元に実績の高いストラテジーが選択されるようである。実際には過去の実績がよければ将来の実績がよいとは余り言えず、結構おっかない仕組みではある。

約定しようがしまいが、兎に角フルオートを稼動させ土曜日を越せば、条件1と条件2は満足したことになる。

3番目の条件がちょっとよく理解できない。

ストラテジーによる自動売買というのは、フルオートで選択されたストラテジー以外でも有効なようなので、なにも危険でいつ約定するかわからないフルオートが選んだストラテジーを稼動したまま待っている必要はない、ということになる。

あと、自動売買1回というのは、新規1回、決済1回ただし決済は手動でもOKとあるので、つまりストラテジーで自動新規約定を待ち、決済は手動ですればよい、ということになる。

だとすると、なるべく約定しづらいフルオートの設定で週末金曜日に稼動させ、月曜日に停止させれば条件1、2はクリア、あとは、約定回数が矢鱈多いストラテジーを自分で選んで約定したらすぐに決済すれば、全条件クリア、ではないか。

フルオートは予め用意されたものではなく、自分で設定もできるようである。元から用意されたフルオートは、一度にポジる額が必要証拠金で40万円とか50万円とかになっており、しかも通貨は全部が対象になってしまう。これを何も考えずに稼動させると、万一約定した場合えらいことになってしまう(損失が大きくなる。もちろん利益が大きくなる可能性も高まるがとにかくリスクが大きくなる)ので、自分でなるべく小額単位、対象通貨ペアもたとえばドル円だけなどに絞って設定するべきだということになる。

結構複雑な条件なので、よーく考えないと損失額がキャッシュバック額を大きく上回ってしまう可能性が高い。ある程度複雑な、こういったキャンペーンのほうが、100万通貨取引のような体力と反射神経勝負みたいなものより、まあ面白いんだが。

|

« NT倍率の急落とナンピンロング | Main | ティーライフ(3172)、テクノスマート(6246)売却 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NT倍率の急落とナンピンロング | Main | ティーライフ(3172)、テクノスマート(6246)売却 »