« 東京電力(9501)の急騰と損切り | Main | 今週の為替予想(9/4) »

2016.09.04

日経平均は上昇、NT倍率は下落

160903_sbi_nt

先週はNT倍率が下げてきた。週末の先物の終値で計算すると12.6倍程度。SBI証券のNT倍率鞘取引は株価自体が大きく上昇したため現時点の含み損益はほぼプラマイ0になっている。

160903_sbi_n225

日経平均先物の値動きを見ると先週末時点で200日移動平均線に到達している。チャート的には200日移動平均線をキープできれば上昇が見込まれる。ただ、この上昇はドル円の上昇に連動して上げているだけにも見え、目先下落しそうな気もする。

160903_n225inusd

こちらはドル建て日経平均株価で、一時期よりは下げているものの先週末時点で164ドル付近に高止まりしている。つまり、日経平均株価はドル円の上昇に支えられているだけ、とも見られる。

この先の日経平均の下落は、現時点で損益がプラマイ0のNT倍率鞘取引でヘッジされている、と考えると今は先物買いなのかもしれない。

先週は日経平均先物取引で結構大きく損失を出している。上昇はいつも緩やかなので、少しづつやられている感じであるが、16,750円売り→16,850円損切り、16,900円売り→17,000円損切り、17,000円買い→16,900円損切り、17,050円売り→17,000円決済、17,010円売り→17,150円損切り、と5戦4敗で損益が-4万円近く。なんだかうまくいかないが、ここで買う気になれない。

|

« 東京電力(9501)の急騰と損切り | Main | 今週の為替予想(9/4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京電力(9501)の急騰と損切り | Main | 今週の為替予想(9/4) »