« NT倍率鞘取りの決済と新規ロング | Main | インドネシアルピア債の償還 »

2016.09.18

今週の為替予想(9/18)

160918mt4usdjpyd

ドル円は結局長期の下落トレンドラインを上回ることができず失速、週末尾終値は102.2円付近。現時点のトレンドラインの位置は102.8円付近なので103円弱まで上昇すれば戻り売り、でいいんじゃないか。下値メドはやはりキリのよい100円ということになるか。

160918mt4eurusdd

ユーロドルは先週金曜日になぜか大きく下落して、三角持合いっぽい上昇トレンドラインのほうを割り込んではいるがこのまま下落へ転じたとも見なしにくいところ。1.115ドルで買うか、あるいはやや上げた1.1175ドルあたりで戻り売りか、迷うところである。終値で割り込んでいるので戻り売りが正解なんだろうきっと。

160918mt4audusdd

豪ドルドルは上昇が続いているかと先週は思ったが、2本目に引きなおした上昇トレンドラインも割り込んでおり、下向きと思われる。0.75ドルまで上がれ場戻り売りでいいんじゃないか。

160918mt4audjpyd

豪ドル円のほうはどうも76.5円あたりで底を打っているように見える。ドル円も下、豪ドルドルも下方向なのに豪ドル円が上がるわけないんだが、チャート的には買い時に見える。どういうこっちゃ。

先週は結局豪ドルドルは0.75で買い直したが0.745ドルで損切り、ユーロ豪ドルは1.47、1.485ドルを持ったまま大きく上昇してしまい、1.50でナンピンショート、だめかと思ったが週末にユーロが下落したせいで1.485ドル付近まで下げている。このまましばらく持ちっぱなしか。

ドル円は102円で買って103円で売っただけ。102.5、103、103.5、104円のロングはずっと持ちっぱなしだが1Lot筒なのでたいした金額ではない。

|

« NT倍率鞘取りの決済と新規ロング | Main | インドネシアルピア債の償還 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NT倍率鞘取りの決済と新規ロング | Main | インドネシアルピア債の償還 »