« NT倍率高騰中 | Main | 今週の為替予想(8/13) »

2016.08.14

米国債利回り調査

久しぶりの米国債券の利回り調査

160814_smtb_bond

米国10年債の利回りは低下しており、このところ1.5~1.6%といったところである。半年前は1.7%程度だった。

米国の利上げが遠のいた雰囲気があり、債券の利回りは低くなっている。

今までの目論見では1年に一度、米国10年債をドル円が下げたタイミングで買う、というのを10年続けるつもりだったがすでに難しくなっている。というのは、このような債券利回りの下落に加え、大和証券で買付けられる米国ゼロクーポン債の種類が極端に減ってしまったためである。

160814_daiwa_zero

このように、現時点で買える償還が10年後程度のゼロクーポン債は25年償還か29年償還しかない。25年償還は昨年買い付けている。以前は1年ごとに選べたが種類が減ってしまった。まあ、あまり気にせず買うなら29年償還のゼロクーポン債だが債券利回りが複利で1.563%に値上がりしている。買付け価格は額面の82.37%である。

それでも買うべきなんだろうか。せめて2%に上がってからにしたいが。

債券価格はドル円と逆相関の関係にあることが多く、利回りが上がる(つまり債券価格が下がる)タイミングは大概円安ドル高になっているので、日本円に換算するとあまり価格下落の恩恵を受けられなくなってしまう。何度も考えることだが、円高の局面で1万ドル分FXでロングを確保しておき、債券を買うまで握りっぱなしにする、というやり方がいいように思える。

|

« NT倍率高騰中 | Main | 今週の為替予想(8/13) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NT倍率高騰中 | Main | 今週の為替予想(8/13) »