« DVY買付け、PFF売却 | Main | 今週の為替予想(7/3) »

2016.07.03

日経平均先物(7/3)

160703_sbi_n225

先週の日経平均先物は、先々週の英国EU離脱ショックで15,000円を割り込んだ後は緩やかに上昇した。先物の週末終値は15,570円、シカゴCMEの終値は15,590円。このあと16,000円を回復すればさらに上が見えてくる。

イギリスのEU離脱で一時的に世界同時株安になったが、アメリカは離脱前の水準に戻したし、肝心のイギリスは国民投票の前より上昇している。なぜか関係のない日本だけが下落したまま。日本株がイギリスの影響を直接受けるわけではないが、これは円高のせい。

なので、株価自体が下落する理由があまりなく下がっているので、あまり心配することはなさそうだが、なんだかいやな感じ。

今週16,000円を回復するだろうか。今週末には米国の雇用統計が控えており、ここで先月並みに悪い数字が出ると、また下落するんだろうか。ただ、今回のイギリス離脱で米国の利上げはほぼなくなったと見なされているので、そんなに下落することは実はないのかもしれない。

|

« DVY買付け、PFF売却 | Main | 今週の為替予想(7/3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« DVY買付け、PFF売却 | Main | 今週の為替予想(7/3) »