« イギリスのEU離脱で金融市場は大荒れ | Main | 株価の大幅下落で大変なことに »

2016.06.26

今週の為替予想(6/26)

160626mt4usdjpyd

先々週までのトレンドではドル円は下落傾向で100円割れるまで下げるのではないかと書いたが、先週の英国のEU離脱の国民投票であっさり100円を割り込んでしまった。週末にはやや戻して102円辺りだが、上昇する理由もないので今後ゆるゆると下落し、もう一度100円は割るだろう。ただ、100円割れは日銀の介入警戒で99円、98円と下落することはないだろう。仮に100円を大きく割り込むようなときは、本当に介入してくるだろう。ショートで100円割れたらロング、といったところか。

160626mt4eurusdd

ユーロドルは意外と底堅い動きに見える1.11ドルが節目で、国民投票の結果が出たときには大きく1.11ドルを割っているが、大きな下ひげを引いており、今後はもしかしたら上昇してゆくのかもしれない。ただ、ユーロはちょっと方向感がなく手が出しにくい感じは先々週から変わっていない。

160626mt4audjpyd

豪ドル円はドル円が下げたせいで大きく下落しているが、豪ドルが米ドルに対して下げる理由はあまりないので、今後ドル円の下落に連動して豪ドル円が下落することになる。豪ドルはクロス円でなくドルストレートの取引にしたほうがよいと思った。今後は豪ドルドルでやるか。

160626mt4gbpjpyd

ポンド円は当然ながら大きく下落している。ポンドドルが下落、さらにドル円も下落して拍車をかけている。まあ今後ポンド絡みの取引をすることはない。

|

« イギリスのEU離脱で金融市場は大荒れ | Main | 株価の大幅下落で大変なことに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イギリスのEU離脱で金融市場は大荒れ | Main | 株価の大幅下落で大変なことに »