« 原油は上昇、金ドルは下落 | Main | 雇用統計と外コムのサーバ落ち(6/3) »

2016.05.29

日経平均はやや膠着

160529_sbi_n225

先週の日経平均株価の終値は16,800円台半ば、先物の週末終値は16,860円、CME日経平均先物(円建て)は16,910円で終わっている。

チャート的にはやや上昇に見えるが17,000円を超えられるかどうかがチャートポイントとなっている。

週末のニュースで安部チンが麻生っちに消費税増税先送りを指示したとかいうニュースが流れた。サプライズではないが、ああやっぱり、という感じである。週明けはおそらく株高、円安に動くんだろう。日経平均はこのままあっさり17,000円を上回れば、200日移動平均線の17,800円辺りを目指すんだろう。

ところで、年明けからマイナスまくっていた日経平均先物の取引だが、先週の16,800円ショートを16,600円で決済、16,600円で買って16,750円で決済して、ようやくイーブンになった。

ちょっと先物の取引は値動きが激しくまた、アルゴリズム取引のせいなのか予想のつかない一方的な動き方をするので精神的に疲れる。NT倍率の取引は続けるとしても、単独の日経平均先物取引は一旦中断したい。

|

« 原油は上昇、金ドルは下落 | Main | 雇用統計と外コムのサーバ落ち(6/3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 原油は上昇、金ドルは下落 | Main | 雇用統計と外コムのサーバ落ち(6/3) »