« NT倍率は急速に下落 | Main | インヴァスト証券のトライオートのキャッシュバックが入金された »

2016.04.10

日本株はもうだめなのか

160410_sbi_n225

このところ日経平均は大きく下げて15,500円を一時割り込んでいる。2月に15,000円を割った後やや回復し17,000円付近で粘っていたが、ドル円の急落に伴い(どっちが先かはわからないが)、日経平均も大きく下落した。いまや20,000円ははるか彼方といった感じである。

この先の株価動向はドル円にもよるが、今後円高は進んでいくと予想されるので、ドル円の下落に対して日経平均がどこまで粘れるか、が注目である。ただ、どうも最近雲行きが怪しく、というのはこれまでの日経平均の上昇がGPIFによる買付けをはじめとする官製相場の趣が強く、これが今批判にさらされて、政府としても表立って株買いに舵を振ることができない、という状況であるからである。7月に参議院選挙を控え、ここで思い切って株価対策をしてそれが上手くいかなかったりすると惨敗が予想される。なんせ例年7月初旬に公表されるGPIFの昨年度の収支報告がなんと7月29日に延期されるらしい。参議院選挙前に年金基金の巨大損失が明らかになると自民党が不利になるからという姑息な手段であると巷では専らの噂である。

アベノミクスは残念ながらもう終わったようである。

|

« NT倍率は急速に下落 | Main | インヴァスト証券のトライオートのキャッシュバックが入金された »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NT倍率は急速に下落 | Main | インヴァスト証券のトライオートのキャッシュバックが入金された »