« 日本郵政(6178)のIPO | Main | 駅探(3646)がストップ高 »

2015.11.04

郵政3社は大幅上昇

やや心配していた郵政3社のIPOは蓋を開けてみれば大幅上昇だった。

郵政3社は好発進、かんぽ生命はストップ高、3社合計の売買代金は約6204億円

 4日東証1部に新規上場した日本郵政 <6178> 、かんぽ生命保険 <7181> 、ゆうちょ銀行 <7182> は、3社そろって好調な滑り出しとなった。

 3社そろって公開価格を上回って初値を形成。一時公募で購入した投資家の利益確定売りに伸び悩む場面もあったが、午後2時以降に強含み、投資家の関心の高さを示した格好となった。終値は、日本郵政1760円、ゆうちょ銀行1671円。かんぽ生命はストップ高の3430円。

 初値は、日本郵政が公開価格1400円を16.5%上回る1631円、かんぽ生命は公開価格2200円を33.1%上回る2929円、ゆうちょ銀行は公開価格1450円を15.9%上回る1680円だった。

 売買代金は、日本郵政が約2781億円、ゆうちょ銀行は約2114億円、かんぽ生命は約1309億円。3社合計で約6204億円となり、東証1部全体の約18%となった。

大和証券で買った日本郵政(6178)は寄付前に1,600円の売り指値を入れていたが、9:30ごろ初値1,631円で売却された。1万円儲かればラッキイと思っていたのでまあよかったか。明日はどうなるでしょうか。

|

« 日本郵政(6178)のIPO | Main | 駅探(3646)がストップ高 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本郵政(6178)のIPO | Main | 駅探(3646)がストップ高 »