« 今週の為替予想(8/30) | Main | マネパの創業10周年キャンペーン »

2015.10.11

日経平均はようやく18,000円に回復

8月の大暴落以降、あまりにもひどくて書く気がしなかったがようやく少し持ち直してきた。

151011_sbi_n225

図は日経平均先物の日足チャートである。8月中旬から下旬にかけ20,500円から一気に17,500円割れと3,000円も下落している。その後いったん19,000円まで戻したものの下げ続け9月下旬に17,000円を割った。ただ、17,000円割れからは上昇に転じ、10月9日時点で18,400円まで戻している。

8月からの先物の取引はこんな感じ

08/19 20,450L -> 08/26 18,450C -200,000
08/20 19,925L -> 08/20 19,930C + 500
08/20 19,895L -> 09/08 18,000C -189,500
08/24 18,960L -> 08/24 17,960C -100,000
08/25 18,000L -> 09/08 18,000C +/- 0
09/01 17,800L -> 09/02 18,300C + 50,000
09/04 18,000L -> 09/08 18,020C + 2,000
09/09 17,920L ->
09/24 17,500L -> 09/25 18,000C + 50,000
09/28 17,500L -> 10/05 18,000C + 50,000

現時点で8月半ばからの被害総額は337,000円。17,920円のロングは持ちっぱなしで含み益が50,000円程度を考えても30万円弱の損失になっている。17,920円ロングは20,000円まで我慢して持っているつもり。それでもマイナス10万円。

年初からの損益はそれまで10万円ほど利益があったのでマイナス23万円程度となっている。

|

« 今週の為替予想(8/30) | Main | マネパの創業10周年キャンペーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今週の為替予想(8/30) | Main | マネパの創業10周年キャンペーン »