« 日経平均先物は18,000円を突破 | Main | 先週の株価(12/7) »

2014.12.07

円の実力、40年で最低~日経新聞の記事より

日経新聞の記事より

円の実力、40年で最低 追加緩和やアジア通貨台頭で 2014/12/7 1:23

 円相場が急落している。日銀によると、日本の貿易相手国通貨に対する円の総合的な価値を示す実質実効為替相場は1973年1月以来、約42年ぶりの弱さになっている。当時の円相場は1ドル=約300円で、73年2月の変動相場制移行後で最低となる。対ドルやユーロ、アジア通貨も含めた円相場の歴史的な全面安といえ、輸出には近年ない好条件となる半面、輸入や海外への旅行には強い逆風となりそうだ。

 円相場は10月末の日銀の追加金融緩和以来、下がり続けている。5日のニューヨーク市場で一時1ドル=121円69銭まで売られ、約7年4カ月ぶりの安値をつけた。2010年を100とした円の実質実効相場も11月中旬時点で70.88で、73年1月の68.88以来の低い水準だ。その後の円安の進行でさらに弱くなっているとみられる。

96958a9e93819694e2e49ae2988de2e4e3e

少しわからないことがある。今の円安は、米ドルは量的緩和を止め金融緊縮政策へシフトしており、来年には利上げが予想されている一方、日本は量的緩和・セロ金利政策継続中のため、日米金利差がその理由と言われている。つまり日本円を持っているよりも米ドルを持っているほうが利率が高いからドル円が上昇しているという理屈である。

ただ経済学的には、金利が高い通貨はつまりインフレということであり、長期的には貨幣価値が下落するので、円高ドル安へ動くはずである。

今は逆に動いている。ということは、現在の円安ドル高傾向は一時的なものであり、いずれ円高へ揺り戻されるということなんだろうか。だとすると、円安が止まった時点でドル売り(円買い)ポジションを持つべきということになるが、どうなんだろうか。

|

« 日経平均先物は18,000円を突破 | Main | 先週の株価(12/7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日経平均先物は18,000円を突破 | Main | 先週の株価(12/7) »