« 東証で誤発注が発生 | Main | 日本は世界1位の政府資産大国 »

2014.10.04

日経平均急落後急速に戻す

今週、日経平均株価は2日(木曜日)に15,500円割れまで値を下げた。ところが翌3日(金曜日)、大引け間際に大きく値を戻し、15,700円を越えて終わっている。

141004_n225_w

金曜晩の米国雇用統計の結果が強く、結局先物は夜間取引で15,900円まで戻している。

どうもどうしても株価を下げたくないという、強い力が働いている模様。下げたところで買えばよいということになる。

141004_sbi_n225

先週の日経平均先物の売買は、
16,100円買い→15,900円売り
15,800円買い→15,500円売り
の2連敗で5万円損失、
15,500円買い→15,900円売り
で4万円戻して合計1万円の損失で済んだ。

ヤレヤレ。まだ我慢して持っていれば来週あたりに16,000円を超えるかもしれないが、とても耐えられなかった。

一応15,800円に指値買い注文だけ入れている。

|

« 東証で誤発注が発生 | Main | 日本は世界1位の政府資産大国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東証で誤発注が発生 | Main | 日本は世界1位の政府資産大国 »