« なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか、その他、図書館で借りた本 | Main | 10月15日、為替は乱高下 »

2014.10.14

NT倍率の鞘取りポジションクローズ

株価が大きく下落し、日経平均は15,000円を割り込んだ。

日経平均とTOPIXの鞘取りは、10月2日に建てたポジションが、
N225は15,610円ショート
TOPIXは1,272,75ロング
でこのときのNT倍率は12.26倍だった。

その後株価が大きく値下がりしたが、NT倍率は12.32倍まで上昇している。ところが今の鞘取りのやり方の場合、N225をショートで入ると株価が値下がりした場合損失が出にくい。

今日のN225とTOPIXの値段だと、鞘取りはNT倍率が上昇しているのにプラスになっている。

というわけで、決済した。
N225は14,940円、
TOPIXは1,212.50
でNT倍率は12.32倍、ところが損益は6,750円(手数料抜き)となった。

今のやり方(N225とTOPIXと1枚づつ建てる)の場合、NT倍率が高くて株価が値下がりすると思われる場合もしくは、NT倍率が低くて株価が値上がりすると思われる場合に入らないと、うまく行かない。でもこれだと、なかなか入れるチャンスがすくないなあ。

今のNT倍率が高い方向へぶれているので本来N225ショートで入りたいところだが、今後株価が戻すとNT倍率が下がっても損益がマイナスになってしまう。N225とTOPIXを均等にポジション取りができればいいが、そうするとETFなどを使うことになり、費用が嵩みすぎる。信用取引でもいいが、今度は手数料が気になる。

ちょっとまじめに考えたほうがいいのか。

|

« なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか、その他、図書館で借りた本 | Main | 10月15日、為替は乱高下 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか、その他、図書館で借りた本 | Main | 10月15日、為替は乱高下 »