« SBI証券のFXαの取引状況 | Main | 先週の株価(3/2) »

2014.03.01

ユーロドルの意味不明な急上昇は?

先週ユーロが週末に大幅に上昇して終わっている。

週の初めに、ウクライナ政権が崩壊して大統領がロシアへ逃げ出すという大きな事件があった。リスク回避で円高ドル高というのが一般的な動きだが、先週末にユーロが1.37ドル付近から一気に1.38ドルを超えてしまった。

特に大きなきっかけが見当たらず、極めて不自然な動きだが、どうしたわけだろうか。こんなに大きく動くときはたいてい何かニュースがある筈だが、今回それっぽいものが何もない。ちょっと分からないが、売り場のような気がするけど、危険かな。

ユーロドルはずっと長い間1.38ドルが上値抵抗線になっており、1.38ドルと1.345ドルの間の大きなレンジ相場だった。従って、今回も1.38ドルで跳ね返されて下落すると思われる反面、1.38ドルを上に抜けてくれば当面下落はないと思われる。ただ、今回の上昇にはさしたる要因が見当たらない点や、来週のECB理事会で利下げなど金融緩和方向へ向かうと想像される点などを勘案すると、どう考えても上昇するとは思えない。ただ、相場は常識的な判断と一致しない場合が多いので予断を持たずに推移を見守るべきである。とはいへ、ここで、買う気にはならない。

140301mt4eurusd4h

|

« SBI証券のFXαの取引状況 | Main | 先週の株価(3/2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SBI証券のFXαの取引状況 | Main | 先週の株価(3/2) »