« 日経平均先物大幅下落で困った状況 | Main | ブラジルレアル投信の分配金と税金 »

2014.02.01

トルコリラその後

さて、先週トルコリラはUSDTRYが2.39近くまで上昇(リラは下落)したがその後の大幅利上げで2.16まで下落(リラは上昇)し、その後急速に再上昇(リラは下落)し、週末は2.26付近で終わっている。

140201_hirose_usdtry_4h

ピピで言うと、利上げで2,300ピピ下落し、その後1,000ピピ戻していることになる。リラのピピだと実感が伴わないが、1万通貨を円換算して考えると、1TRY=50円として、13万円上昇しその後5万円戻した、位の動き方である。まあ激しい。

ただ、USDTRYが取引できるヒロセ通商は、スプレッドが50ピピもあるので、1万通貨ポジった瞬間に2,500円の損失となるので、あまり取引の実現性がない。もっとスプレッドが狭い業者を選べばいいんだろうが、少なくとも現時点で自分が口座を持っているFX会社にUSDTRYを扱っている会社はほかにない。

トルコ円はまだちょっとはましで、スプレッドが16銭である。1万通貨あたりのスプレッドは1,600円。SBI証券は10銭なので、スプレッドは1,000円。

ヒロセで先週少しだけUSDTRYを弄ってみたが、このようなスプレッドを計算して、取引するのがバカらしくなって止めた。

トルコ円は↓こんな感じで、ずっと下げ続けていたが、先週は42円台まで下落した後、利上げによって一瞬47円台まで戻してまた45円台へ後戻りとなっている。47円に戻したところでSBI証券の47円ロングは一度手仕舞うべきだった。

140201_hirose_tryjpy_4h

|

« 日経平均先物大幅下落で困った状況 | Main | ブラジルレアル投信の分配金と税金 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経平均先物大幅下落で困った状況 | Main | ブラジルレアル投信の分配金と税金 »