« マネパの今年の取引 | Main | 先週の株価(4/7) »

2013.04.07

日経平均の動きと先物

先週末の4月5日に日経平均は大きく上昇し13,000円を超えたが、終値は12,833.64円と下落した。チャートを見ると朝方高値をつけその後じりじりと下げて終わっているので余り感じが良くない。

130407n225d

ところが日経平均先物の金曜夜の値動きを見ると、再び上昇して13,000円台で終わっている。これは、金曜夜の米国雇用統計発表後内容が芳しくなかったのにもかかわらずドル円は再度上昇して97円台まで戻しているためと思われる。

130407sbin22515m_2

またシカゴCMEの日経平均先物(円)も13,100円を超えて終わっている。
http://moneybox.jp/investment/market/cme_yen.php

130407_chicago_yen_30min

これらを見ると週明け月曜日の日経平均はもしかしたら13,000円台へ戻るかもしれない。長期保持覚悟で日経平均先物を寄付きで買ってみるか。それか、ETFを少し買うか。

|

« マネパの今年の取引 | Main | 先週の株価(4/7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マネパの今年の取引 | Main | 先週の株価(4/7) »