« EURUSDはトレンドラインを下抜け | Main | 先週の株価(12/9) »

2012.12.09

今週の為替予想(12/09)

121209_cfx_2

ドル円は雇用統計発表直後82.8円付近まで上昇したがその後徐々に値を下げ、結局終値は雇用統計前とあまり代わらない82.4円付近で終わっている。

ドル円は82円で膠着しているように見える。今週FOMCの発表が控えており、その結果によっては大きく動くかも知れないがどちらへ動くかは全く見えない。上がればそれでよし、下がれば押し目買い。

121208mt4usdjpyd

ユーロドルは別記事にも書いたが、短期的な上昇は終わり、下落へ転じたように見える。ただ、ファンダメンタルズ的には欧州危機感が後退しており上なんだけどな。チャートはあくまで↓を示している。

121208mt4eurusdd

豪ドルは上がることはないかと思っていたが意外と上昇している。チャートを見るとむしろ、ドル円よりも強い。先週RBSが利下げを発表したので下げるかと思いきや、折込済み材料で尽くしで逆に上昇してしまった。ただ、86円は上げすぎなんじゃないかな。

121208mt4audjpyd

南アランドが意外なことに強く上昇している。9円ちょうどで跳ね返されて一本調子で上昇中。

121208mt4zarjpyd

先週の取引

ヒロセはEURCHFがクレディスイスがマイナス金利導入というニュースに反応してぴょん上げ(スイスフランが下落)下ので1.215で売ってみたが、考えてみるとマイナス金利でスイスフランが下がったということは戻すのではなくもっと下がるということかなと思い直して同値で買い戻して1.214で買ってみたら、思惑と逆に下がった(つまりスイスフランが上がった)。あまり事情を知らずに適当に取引してもうまくいかない。EURAUDは上昇トレンドが継続中と思って我慢してずっと持っているが雇用統計後1.23あたりまで下げてしまった。

マネパはドル円は82.2円ショートを82円でリカクして82円でドテンロングは作戦通り。豪ドル円も86円ショートは予定通りだが、本当はRBSの金利発表前にショートをポジってその後下落するつもりでいたが、残念ながら豪ドルはドル円に連れ高となっており、目論見が外れた。ただ、一時的にドル円が(押し目買いのチャンスとなる)下がったときに、豪ドル円は86円で撤退すればよいと思っている。豪ドルがドルに対して(だけ)下がる様子は今のところ見えない。南アランドが9円ちょうどで跳ね返されてなぜか調子よく上昇している。これはこのままキープして年越ししたい。

■マネパ
12/03 USDJPY 82.000 2,000
USDJPY 82.000 L
12/05 AUDJPY 86.001 S
12/06 EURUSD 1.30499 L
EURUSD 1.30299 30.2
EURUSD 1.30299 -20.0
EURUSD 1.30300 L
EURUSD 1.29998 -30.2

■ヒロセ
12/03 USDJPY 82.211 489
12/05 EURCHF 1.21500 S
EURCHF 1.21500 0
EURCHF 1.21400 L

|

« EURUSDはトレンドラインを下抜け | Main | 先週の株価(12/9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« EURUSDはトレンドラインを下抜け | Main | 先週の株価(12/9) »