« 今夜は雇用統計 | Main | e-Tax続き »

2012.02.04

みんなのバイナリーまとめ

みんなのバイナリーの10Lot取引にチャレンジしようと思い、まずは1Lotだけ、昨日の夕方試してみた。

↓開始価格76.217円のオプションを購入終了時刻手前で76.167円が50円に下がったところで1Lot分購入してみる。このときのレートは76.236円。判定時刻の19:25にドル円が76.167円より下に位置していれば1,000円手に入る。約10分後に6.9pips下がるかどうかということ。オプション価格は±5pips、±15pipsで区分けされている。

120203_minbi1_2

↓で結局19:25のレートは76.217円と、偶然開始価格と同額で、払い戻しはなし。どうも、今はキャンペーン中で払い戻しレートに隙間がないが、通常は払い戻しのない空白部分が若干ある模様。

120203_minbi2

↓で、次が本番の雇用統計前。購入開始時刻は22:15、終了時刻は22:35、判定時刻は22:45である。つまり購入時間が雇用統計の発表時刻の22:30を跨いでいる。当初一番安いレートで10Lot注文を入れるつもりだったが、なんと、雇用統計前のせいか、最低レートでも260円と価格が跳ね上がっている。これは想定外だった。雇用統計の発表でレートが乱高下することが予想されるため、当然オプションの価格が上昇しているということである。ふむふむ、なかなか面白いぞ。

120203_minbi3

↓さて、雇用統計発表直後、内容が強くドル円は急上昇した。このため安いレートのオプションは値下がりして、開始価格の76.260円でさえ50円に下がっている。ここで9Lot分を購入(10Lotのつもりだったが、ほぼ捨てることになると覚悟して最低限必要な9Lotへ変更した)。

120203_minbi4

↓で、結局判定時刻の22:45のレートは76.48円付近で失敗。450円のロス。

120203_minbi5

これで10Lot分の義務は果たしたのであとは来月末の3,000円のキャッシュバック待ち。オプションがどういうものか、なんとなく理解するのにこのシステムは役に立つことが分かったが、もうこのシステムで取引することはないような気がする。

|

« 今夜は雇用統計 | Main | e-Tax続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今夜は雇用統計 | Main | e-Tax続き »