« なぜ格下げでも日米国債は買われるのか ムーディーズ元幹部語る | Main | 先週の株価(1/15) »

2012.01.15

今週の為替予想(1/15)

120115_cfx

金曜日(日本時間の土曜日早朝)にS&Pが欧州9カ国の国債の格下げを発表した。ところがユーロドルの反応は非常に鈍い。その前(日本時間の金曜の夜)からユーロドルは大きく値を下げており、この時点でこの格下げの情報が漏れていたとも思える。

120115_nikkei

週明けは普通に考えればユーロドルは下落するが、ある程度折込済みだとすると劇的に下落することはないのかもしれない。ただ、だからといって上昇に転ずるはずはないので、少なくとも短期的には戻り売りで良いんだろう。まさか、悪材料出尽くしで上昇したりしないと思うが、ユーロドルはよく分からない。

120114mt4eurusdd

日足チャートはやはりユーロドルは下落トレンド真っ只中という感じである。大きく上下に振れながら、方向は下だろう。先週はマネパで$1.28売り→$1.27買いが2度決まってなかなかおいしかった。もう一度$1.28売り注文入れておくか。そこまで上昇しないで真っ逆さまかもしれないが。。。

先週の取引は以下の通り。ヒロセのユーロスイスは慣れない通貨ペアで取引してしまったが、そもそも入り方を間違えた。ユーロドルの$1.27745ショートは所謂打診売りで、ダメな気がしてすぐに決済できたのでなかなか良かった。

■マネパ
01/09 EURUSD 1.28000 S -> 1.26990 (1/10) +$101
01/11 EURUSD 1.28000 S -> 1.26989 (1/13) +$101

■ヒロセ
01/05 EURCHF 1.21851 L -> 1.21378 (1/9) -381
01/05 AUDJPY 78/840 L -> 79.600 (1/12) +760
01/06 EURUSD 1.28002 S -> 1.27000 (1/11) +771
01/12 EURUSD 1.27745 S -> 1.27730 (1/13) +11
01/13 AUDJPY 79.000 L ->

マネパはやはり決済時指値が有利に滑るようである。新規は指値が約定値と異なったことはない。ヒロセは指値も逆指値もほぼ滑らない。MJやDMMは逆指しは露骨に滑る。

|

« なぜ格下げでも日米国債は買われるのか ムーディーズ元幹部語る | Main | 先週の株価(1/15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜ格下げでも日米国債は買われるのか ムーディーズ元幹部語る | Main | 先週の株価(1/15) »