« 最近の魚たち | Main | 新規指値注文は次々と約定… »

2009.12.06

日経225ミニやってみたい

以前より気になっていた、日経225ミニに早く挑戦してみたい。WEBで検索してみると、FXに比べると随分情報量が少ない。デモ口座で取引できるようなところがないのか、探してみたが、ない。アフィリエイト絡みのランキング等を見ると、ひまわり証券・岡三オンライン・楽天証券辺りがメジャーなのかなぁといった程度しか分からない。しかも更新されていない古いアフィ絡みのページが出てきたりして、なんだかなぁという感じがする。

某巨大掲示板でざっと眺めると、なんだか儲けにくそうで盛り上がりに欠けている。どう儲けにくいのか、やってみないとわからないが、なんとなくスレが過疎っている。FXに比べてそもそも難解なのかなぁ。そんなことないと思うけどなぁ。あるいはCFD等へみんな流れているのか?あるいはオプションなのか?オプションてぇのは余計難しくて、理解できない。

まぁ取り敢えずやるとすれば、口座を持っているSBI証券で、ここは手数料も52.5円と他社に比べて比較的安い。ただ、ここのFXは酷いもんだった(まったく商売としてやる気がない)ので、日経先物に対してはどうなんだろうか。ちょっと心配であるが、情報が不足している。

少し調べたらSBI証券で日経225miniの取引をするために必要な証拠金は39,500円である。去年の暮れ辺りに調べたときは確か14万円くらい必要だったような記憶があるので、ずいぶん下がった印象である。この必要証拠金がどのようにして決まるのかよくわからないが、一日の値動きが激しいほど必要証拠金額も上がるような感じである。

で、FXと違い日経先物はレバレッジの感覚が全くない。日経225miniの場合をちょっと考えてみる。

日経225miniは日経平均株価の100倍の取引である。したがって1枚買うということは日経平均が10,000円だとすると、100万円の取引ということになる。FXでいうと1万通貨の感覚だろうか。4万円の証拠金で100万円の取引をするわけであるから、レバレッジでいうと25倍といったところか。

日経平均はたとえば一日に100円くらい動く。100円動くということは、日経225miniは100倍なので、1万円動くことに相当する。ということは、為替レートが1円動くことと、日経平均が100円動くことが、1枚の取引量あたりの損益勘定でほぼ等しいと考えればよいということになる。500円動けば5万円の損益である。

まだよくわからないのは、FXの有効比率や追証、強制ロスカットに相当する仕組みである。どうも、毎日の終値で清算されるようで、そのときに残った金額が必要最低証拠金を下回った場合、翌日正午までに追証を入れないと強制執行されるようである。

この一ヶ月ほどの日経平均の値動きを見てみると、1日のボラリティは最大270円程度ある。つまり3万円程度上下動することになる。結構大きいな。寄付値と引値の差も12月3日には270円である。この日は寄付値と引値の差が高値と低値の差と等しくなっている。つまり開始が最安値で終了が最高値ということ。

|

« 最近の魚たち | Main | 新規指値注文は次々と約定… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最近の魚たち | Main | 新規指値注文は次々と約定… »