« ドル円・ユーロドル解析 | Main | 先週の株価 »

2009.12.27

今週の為替予想(12/27)

先週は25日のクリスマスが金曜日であり日本時間の午後3時に取引所はすべて終了している。終値はドル円は91円半ば、ユーロドルが1.438$付近である。先々週に比べるとドル円は1円以上の上昇、ユーロドルはあまり変わっていない。したがってクロス円は軒並み円安傾向にあり、特にユーロ円は2円近く上昇している。ポンド円や豪ドル円はあまり動いていない。

091227_ace

今週は月曜日が欧米で休みが多いようである。したがって流動性が低く、あまり大きく動くことはないと思われる。まぁ油断していると大きく動くこともあるので、注意を怠ってはいけないが。

昨日も書いたとおり、ドル円は上昇トレンドにあるので、適当なところで押し目買いをしたいが、目先の上値は92.2円付近なので、いまさら買ってもあまり大きく儲けがイメージできない。スター為替には当面の下値抵抗線と思われる90.8円で買い指値を入れている。ユーロドルが下げ止まって上げ基調に戻すのか、多少揺り戻したあと再度下げ始めるのか、あたりが見ものだが、今週から来週にかけては年末年始の予期せぬ動きに巻き込まれる可能性もあり、トレンドの判断は難しいかもしれない。トレンドの傾向が比較的きちんと明らかになるのは年明けからかな。

くりっく365の方は年内に確定申告限度額の20万円近くまで儲けが出ればいいかと思っていたが、結局そこまで届きそうもない。FXを始めた人のうち8割は損失というウワサもあり、プラスになっているだけましなのか。ただ、相対取引の方は、先月のSBI証券の8万円の損失が祟って残念ながらマイナスである。というわけで、税金的には今年は悩まなくていいんだけど、なんだかなぁ。

年内に豪ドル円が83円付近まで急上昇することが万一あれば、ユーロドルも含めて全決済してしまってポジなしで来年を迎えたいところであるが、おそらくそうはならないと思われるので、現在の豪ドル円とユーロドルは年越しかな。

先週は90.25円の買い指値が残念ながら刺さらず、そのままずっと上昇してしまった。あのドル円が刺さっていれば今頃随分大きなプラスになっていた。読みは当たっていたのに残念である。

|

« ドル円・ユーロドル解析 | Main | 先週の株価 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドル円・ユーロドル解析 | Main | 先週の株価 »