« 世界経済危機日本の罪と罰 | Main | ユーロ円は135.5円利確→ドテン→136円損切り »

2009.08.23

今週の為替予想(8/23)

先週の終値は、ドル円が94円前半、ユーロ円は135円前半、ポンド円は155円半ば、豪ドル円は78円半ば、そしてユーロドルは1.43ドル前半、となっている。

090823_ace

ユーロ円、ポンド円は一時の底値からやや戻しているが、ドル円は上がり方が鈍い。先週95.75円で買ったドル円を94.25円で損切りしているが、先週の終値はその損切りしたレートから大して浮上していない。それに比べるとユーロ円は堅調で、スター為替の135.5円売り指値は後ちょっとのところで約定に至らなかった。そういう意味では豪ドル円もイマイチで、一旦下げた後、ユーロ円やポンド円ほど戻ってきていない。ただ、ここのところ、資源通貨(オーストラリアドル、ニュージーランドドルそしてカナダドル)は上昇基調にあるので実はあまり心配していない、というか上がらなければ長持ちするつもりでいる。ユーロドルがずいぶん上がってきているので、ユーロがドルと円両方に対して強いということである。

一目均衡表フライトチャートでは、日足ではドル円は弱い買い、ユーロ円は雲の上で買い、ポンド円も同じく買い、豪ドル円は強い買い、そしてユーロドルは弱い買いとなっている。30分足ではユーロ円も豪ドル円も雲の上で強い買いを示している。

090823_ichimoku

今週の予想は、豪ドル円はこの後上げてゆくでしょう。ドル円は上げ渋り、94.5円付近を中心としたレンジ相場となるでしょう。ユーロ円、ユーロドルは上げてゆくでしょう。

090823_mt4_h1

というわけで、ヒロセ通商の豪ドル円買いポジ2LOTは81.5円の売り指値をそのまま。スター為替のユーロ円135.5円売り指値もそのままにしておく。ユーロ円は135.5円で売り注文が約定すればリレー注文で同値売りして135円辺りの指値買い、という風にも考えるが、そのまま上げ続ける可能性もあるのでちょっとパスか。

そもそも135.5円の売り指値が約定しなければ話にならないので、次のように注文を入れてみた。

134円L→135.5円リミット
135.5円S→135円リミット/136円ストップ
135円L→136円リミット/134.5円ストップ

ちょっとややこしすぎか。失敗すると15,000円の利益が10,000円に目減りする。うまく行けば、20,000円に増える。さらに3つ目の注文が失敗すると、15,000円の利益にとどまり、うまく行けば、30,000円に増える。

|

« 世界経済危機日本の罪と罰 | Main | ユーロ円は135.5円利確→ドテン→136円損切り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世界経済危機日本の罪と罰 | Main | ユーロ円は135.5円利確→ドテン→136円損切り »