2017.11.18

米国債その後

11月14日に注文した大和証券の米国ゼロクーポン債、現在こんな感じになっている。

171118_daiwa_zero1

2014年から毎年1万ドルづつ、10年物のゼロクーポン債を買うことにして今回が4回目、2年目と3年目は2015年償還を買っているのでちょっとわかりづらい。結局この結果を見ると、特に2015年償還の2万ドル分はいまだにマイナス、これでよかったのかな、とちょっと思う。

今後ドル円が円安方向へ動けばまあいいが、円高が進むようだと、一体なんだったんだという結果になりかねない。まあ長い目で見るしかないが。

| | Comments (0)

高騰期待株の決算と株価

171117_2454_w

オールアバウト(2454)…先週の終値は1,227円、今週の終値は1,174円。週中には1,100円を割っていた。こりゃあかんわ。

171117_3906_w

ALBERT(3906)…11/10に決算発表、内容がよくなかったが結局今週終値は1,069円。先週の終わり値は1,216円で大幅下落。楽天証券の持ち株は16日に1,059円で損切りした。

171117_5216_w

倉元製作所(5216)…11/14に決算発表、15日に窓開けして下落。週末終値は224円。これも損切り予定

171117_8207_w

テンアライド(8207)…11/13に決算発表、15日に一時下げたが挽回している。

171117_8713_w

フィデア(8713)…11/13に決算発表、あまり株価に動きがない。

| | Comments (0)

マネパのキャンペーンとその第2弾

ここに書いた、マネパのキャッシュバックキャンペーンの3,000円が11月14日に入金された。

ちょっとよくわからないが、乗り換え第2弾キャンペーンというのがあり、取引額に応じてキャッシュバックされるが、どうも1,500円はそのまま頂けるらしい。時期は来年1月らしい。取りあえず、入金した資金はそのままにしている。

何もしないでもいいんだろうか。。。

| | Comments (0)

2017.11.14

米国ゼロクーポン債の購入

年に一度、米国債を10,000ドル分買い付けることにしているが、今日11月14日、2027年償還のゼロクーポン債を買い付けた。

前回は偶然だが去年2016年の11月14日に2025年償還の米国債を買っている

171114_daiwa_zero1

買付価格は81.57%、ドル円レートは114.15円、日本円で約931.121円になる。約定時の為替レートは113.65円で50銭は為替スプレッドということになる。利回りは1年複利換算で2.227%。これで大和証券の米国債は40,000ドルになる。

ちなみに前回購入時の2025年償還のゼロクーポン債は85.86%、現時点での2025年償還のゼロクーポン債は86.15%で殆ど価格が上がっていないことになる。逆に言えば、利回りが上昇しているということになる。ドル円レートは107円から114円へ7円上昇している。

今回買ったゼロクーポン債の損益分岐点のドル円レートは93.12円となる。

171114_daiwa_zero2

| | Comments (0)

2017.11.11

先週の日経平均(11/11)

171111_sbi_n225_2

日経平均株価は今週も上昇をして、1996年6月の22,750.7円をあっさり突破してしまった。ザラ場中の最高値は11月9日の23,382.15円。ただ、その後急落し、週末終値は22,681.42円。

9月8日の19,000円から2か月で3,000円近く上昇したことになる。

| | Comments (0)

愛眼(9854)、京極運輸(9073)、オールアバウト(2454)

171111_9854_w

愛眼(9854)…9/27に260円で買っていた。11/6に高騰し350円指値で売却。その後やや下落したが11/10に四半期決算を発表しさらに上昇した。200株持っていたので役17,000円のプラス

171111_9073_w

京極運輸(9073)…今週決算発表だったので先週指値を変えていたが11/6に458円で約定、なんと翌日の11/7に高騰し538円のストップ高。次の11/8日に成行き売りの注文を入れたが始値の578円で約定、ただこの日も後半638円の連続ストップ高まで上昇した。その後やや下げて週末終値は523円。11/9が決算発表だったが11/6に決算の上方修正を発表している。11,000円ちょっとのプラス。

171111_2454_w

オールアバウト(2454)…9/5に立会外で1,517円で買い9/7に1,617円で売却していたがその後、10/13に1,500円で再度買っていた。11/9の引け後に四半期決算発表して翌日急落。内容は悪くなかったように見えたが。。。週末終値は前日から283円下げて1,227円。含み損は3万円弱。トホホ。

現在保有している決算発表が近い銘柄は、ALBERT(3906)(11/10)、倉元製作所(5216)(11/4)、テンアライド(8207)(11/13)、フィデア(8713)(11/13)

ALBERTは11/10引け後に発表して内容が悪いので週明けは暴落かも。

| | Comments (0)

2017.11.05

先週の日経平均とNT倍率(11/5)

日経平均は相変わらず棒上げを続けており、2日(3日早朝)の先物の終値は22,550円、シカゴCMEの日経平均先物の3日終値は22,600円まで上昇している。

171105_sbi_n225

いくらなんでも一方的な上昇すぎるが、いつ頭を打つのか見えない。怖くてしょうがない。

NT倍率は相変わらず上昇を続けており、週末の終値ベースで12.55倍程度、SBI証券のNT鞘取りショートの含み損は6万円を超えている。とても困った状態。とはいえ、どこかで下げ始めるのでヘッジにはなっている(と信じるしかない)。

171105_sbi_nt

| | Comments (0)

2017.11.04

9月の四季報の情報による高騰期待株の推移

ここに書いた、9月の四季報を手掛かりにした高騰期待株の推移は今のところこんな感じになっている。

コード 銘柄 9/16株価 権利落ち 約定日 約定価格 売却日 売却価格 11/2終値 四半期決算
2666 オートウェーブ 110 9月26日 151 11月10日
3190 ホットマン 570 9月26日 9月27日 570 10月25日 650 620 10月31日
3680 ホットリンク 550 10月27日 9月26日 550 10月24日 650 626 11月13日
3906 ALBERT 1200 10月27日 9月29日 1240 1218 11月10日
4531 有機合成薬品 290 9月26日 9月19日 290 11月2日 300 298 10月31日
4696 ワタベウェディング 640 9月26日 665 10月31日
4776 サイボウズ 480 10月27日 519 11月13日
5216 倉元製作所 220 10月27日 251 11月14日
6140 旭ダイヤモンド 920 9月26日 1095 11月2日
6882 三社電機 700 9月26日 1162 10月27日
7022 サノヤスHD 280 9月26日 9月22日 280 11月2日 305 288 10月31日
7514 ヒマラヤ 900 10月27日 1004 9月28日
7923 トーイン 600 9月26日 9月20日 600 10月2日 700 638 10月31日
8135 ゼット 180 9月26日 204 8月9日
8207 テンアライド 410 9月26日 9月26日 420 439 11月13日
8713 フィデアHD 180 9月26日 217 11月13日
9073 京極運輸 400 9月26日 463 11月9日
9854 愛眼 260 9月26日 9月27日 260 297 11月10日
9913 日邦産業 360 9月26日 503 11月6日

| | Comments (0)

黒田電気(7517)その後

171104_7517_w

TOBが発表された黒田電気(7517)であるが結局11月2日に売約した。売却価格は2,709円だった。TOB価格が2,720円でそれに鞘寄せする形で株価が推移した。2日の株価は安値2,709円、高値2,713円と殆ど値動きがなかった。最初2,720円に売り指値を置いていたが午後2,700円に指値を変えたらすぐに約定した。

まあ理屈上TOB価格と同じ2,720円になることはないので、それよりやや安い値段で取引が続くのだろう。

このTOBによる利益は7万6千円ちょっとだった。

| | Comments (0)

2017.11.01

黒田電気(7517)のTOB

昨日10/31、黒田電気(7517)の公開買付け(TOB)が発表された。TOB価格は2,720円。昨日の終値は2,020円、今日はストップ高で2,520円。

171101_7517_w

カブコムで黒田電気株を100株所有しており、買付価格は1,940円だった。持っている株がTOBになるのは初めてで要領がよくわからない。とりあえずカブコムにTOB価格の2,720円に売り指値を入れておいた。

| | Comments (0)

2017.10.29

イオンリート買付、インヴィンシブル(8963)買付、ヒューリックははずれ

イオンリート(3292)は10月25日にSBI証券で115,000円指値で一口買付。権利付は1/7月

171027rakuten32923m

インヴィンシブル(8963)はカブコムで46,000円指値で一口買付た。45,000円に指値を置いている。権利付は6/12月

171027rakuten89633m

ヒューリックリート(3295)は大和証券でPOの申し込みをしていたが当選しなかった。公募が売買できるようになる11月1日期限で公募価格の153,000円でSBI証券に買い指値を入れているが週末の終値が158,000円なのでそこまで下がるかどうか…。権利付は2/8月

171027rakuten32953m_2

あとはOneリート(3290)もSBI証券で220,000円で買い指値を入れている。11月2日まで。権利付は2/8月

171027rakuten32903m

| | Comments (0)

先週の日経平均(10/29)

先週の日経平均株価はついに22,000円を超えて終わった。先週の衆院選で与党が圧勝しさらに上げ幅を広げた。さすがに連続上昇は16日で途切れたがそれでも棒上げが続いている。27日(金)の大引けは22,008.45円

171029_sbi_n225

次の上値は1996年6月の22,750.7円ということになる。

| | Comments (0)

2017.10.22

ブラジルレアル債の優遇レート

ここに書いた、ブラジルレアル債の償還から6か月間は優遇レートで買付ができる。償還が7月28日だったので優遇レート買付期限は来年1月26日になっている。

たしか優遇レート適用期間は3か月だったような気がするが、変わったんだろうか。。。と思って調べてみると、なんと10月20日(一昨日!)優遇レート期間が3か月から6か月に延長されているではないか。ラッキーだったかもしれない。

現在以下のブラジルレアル債が売りに出されている。期間が4年、利率が6.67%、期限が11月7日だが、優遇レート期間が3か月だと10月28日が期限なのでこれを選択するか買わないかどちらかになっていたが、利率が不満なのでもう少し待てるので待つことにする。もし11月7日までにブラジルレアルが例えば30円を切るような暴落があれば、まあ買ってもいいか。

171022_sbi_brl_2

| | Comments (0)

NT倍率鞘取りショート

171022_sbi_nt

それまでずっと下落していたNT倍率が9月中ごろを底に今度は一方的に上昇してきた。10月3日に鞘取りロングを利益確定し、それでもNT倍率がまだ上がるのでショートの機会をうかがっていた。10月12日に我慢しきれず日経平均先物20.975円売り、TOPIX先物1,702.25買い、の鞘取りショートをポジった。NT倍率は12.32倍だった。

ところがその後日経平均はさらに大幅上昇、NT倍率も上昇を続け週末時点で日経平均先物は21,560円、TOPIX先物は1,739.00でNT倍率はなんと12.40倍になった。含み損は2万円弱。あ~あ。うまくいかんなあ。そろそろ損切りすべきか。でも損切りした途端に反転するんだよなあ。

| | Comments (0)

先週の日経平均(10/22)

先週も日経平均株価は棒上げを続け、週末の先物終値はなんと21.560円!日経平均株価は14営業日連続上昇となった。

171021_sbi_n225

今日は衆院選投票日、安倍チン率いる自民党が優勢といわれており、このまま自民党が圧勝すれば引き続きアベノミクスで上昇を続けるのか?自民党が大負けすれば株価も下落するが、どうも小池都知事の「排除する」「さらさらない」の二言で情勢がガラッと変わってしまい、それはなさそうもない。

このところの株価の動きの特徴的なところは、ドル円との相関が全くない点である。これまで日経平均株価とドル円はほぼ連動しており、円高=株安、円安=株高がいわば当然だったが、この棒上げ期間、ドル円は112円近辺で膠着している。ドル円が動かないのに、株価が上昇、ってのはこの上昇は本物か?と思わせる。

円安株高、というのはつまりドル建ての日経平均株価としては変わっていない、ということになるが、ドル円が変わらないのに株高、というのはドル建てでも上昇しているということになるので、つまり外人投資家が強気(上がっているのに買っている)ということである。まあ、いい傾向なんだろう。

| | Comments (0)

2017.10.15

東証REIT指数の下落

この1年ほど、東証REIT指数が下がり続けている。逆に個別J-REITの分配金利回りは上昇を続けている。理由はなぜだかよくわからない。

171015_sbi_jreat

日経平均株価がここのところ堅調なのと対照的である。↓これはこの1年の日経平均と東証REIT指数の比較である。J-REITは今は買い時なのか?

171015_sbi_jreat2

分配金狙いでJ-REITの保有割合を増やしてもよいと考えており、以下の2銘柄に注文を入れた。

イオンリート(3292) 115,000x1
インヴィンシブル(8963) 45,000x3

イオンリートは9月に公募増資をしており、この時の公募価格が110,662円だった。応募しておけばよかった。あと、資金に余裕があればOneリート(3290)も欲しい。週末終値は224,400円、分配金利回りは6.4%もある。あとはヒューリックリート(3295)が金曜日に増資を発表している。週末終値は157,100円、分配金利回りは4.24%

| | Comments (0)

2017.10.14

日本郵政(6178)下落し公募割れ

日本郵政(6178)の株価が低迷している。9月末の売出しで200株を1,322円で買ったが、今週末の終値は1,295円と公募価格を割り込んでいる。

171014_6178_3m

やっぱりダメなような気がしたがダメだった。ただ暴落というほど下がっていないのがまあ幸いといえば幸いか。ただこのところの日経平均の上昇のおかげのような気もする。

割安に見えるのと配当利回りも悪くないので長期で保有してたまたま上昇したところで売る、ってのがまあいいのかもしれない。

| | Comments (0)

先週の日経平均(10/14)

このところ日経平均が急上昇し、今週末の終値は21,155円と20年ぶりに21,000円を突破している。今週末の先物の終値は21,220円、9月中旬に20,000円を超えてから、急上昇している。

171014_sbi_n225

こちら↓は、約20年間の日経平均の月足。昨日10月13日につけた高値21,211円が97年6月の高値20,911円、直近では2015年6月の20,953円を超える上昇となっている。次の上値は96年6月の22,751円ということになる。

171014_n225_20y

久しぶりにドル建ての日経平均先物を調べてみた。前回去年12月に調べている

171014_n225vsusdjpy

ドル建ての日経平均は188.7ドル、ドル円は111.8円。ドル円が上昇していないのに日経平均が上昇しているためドル建て日経平均はずいぶん上昇している。去年12月時点では、日経平均が上昇してもドル円も上昇していたためドル建てニッケ平均は対して上昇しておらず165ドル止まりだった。ところがここへきてドル建て日経平均も上昇しているため、これはホンモノか、と思わせる。

| | Comments (0)

青森銀行(8342)の公募増資と中止

青森銀行(8342)が10月3日にPOを発表した。発行価格は10月11日から10月17日までのいずれかの日、とあるが大抵その初日に決定する。で、10月11日にPOの中止が発表された。理由は、「新株式発行等に係る風説が公表前から存在していた可能性があるなど、公正な株価形成に疑義が生じたため」ということである。

要するに、POの情報が事前に漏れていた、ということである。

171014kabucom83422m

株価の推移を拝見すると、POを発表する2週間前の9月19日をピークとして株価が下落している。この間、他の銀行株は概ね上昇しており、動きとしては不自然で、事前にPO情報が洩れていたことが疑われる。

POが発表された翌日の10月4日には大きく窓空けして下落し年初来安値を更新、さらに出来高も大幅に増加している。これは下落幅の大小は別として、公募増資による株価下落を見越した売りなんだろうから通常の動きである。問題は9月19日から10月3日の間の下落で、事前に漏れたPO情報に基づいた空売りがあったのではないか。

ところが11日に公募増資の中止が発表され翌日12日に株価は大幅上昇している。株価下落を期待して空売りしていた方々はおそらく公募価格決定の11日の翌日12日に買い戻しを考えていたはずで、PO中止で儲け損ねた、ということになるんだろうか。ただ、POが発表された翌日の10月4日に買い戻しをしていたらどっちにしろ大儲け出来ていたことになる。

| | Comments (0)

2017.10.11

マネパのキャッシュバックキャンペーン

171011_manepa

マネーパートナーズからちょっと変わったキャッシュバックキャンペーンの案内が届いた。これはやや複雑で、まず対象者は、

◆キャンペーン対象

・9月・10月に当社口座を開設したお客様
 ※9月1日~10月31日に口座開設された方が対象となります。
・すでに口座をお持ちで一定期間お取引の無いお客様
 ※2017/5/10以降「パートナーズFX」でお取引の無いお客様が対象となります。
 ※2017/5/10以降「パートナーズFXnano」のみお取引いただいているお客様も対象となります。

つまり5月10日以降取引がないこと。で、条件は、10万通貨取引で3.000円。ただし、他社からの乗り換えを証明するために、他社での取引実績の提示が必要。

具体的には

お客様のお名前、取引会社、1回以上の取引が確認できるものをキャンペーン終了(10/31)までにご提示ください(2016年1月以降2017年10月31日までのいずれかの期間)

となっている。最初あまり他のFX会社の取引を晒してまでほしくないわ、と思っていたが、結局マネパで取引がしたくなりついでに10万通貨取引をやったので結局申し込んだ。まだ他社の取引実績はアップロードしていない。

期間は2017年09月04日(月)~2017年10月31日(火) 営業終了まで、特典付与は11月中旬頃予定

| | Comments (0)

«先週の日経平均先物