2018.02.18

早稲アカ(4718)高騰

180218_4718_w

早稲田アカデミー(4718)が急騰している。理由は不明だが、ここは16日に公募増資を発表している。おそらく発表は引け後なので、この引け間際の上昇はなんなんだろうか。週明け大きく下落するんだろうか。いったん売却して分売に応募するのがいいんだろうか。当たるかどうかわからないけど。

| | Comments (0)

日本再生可能エネルギー(9283)の公募増資と下落

180218_9283_w

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)の公募増資の受渡日が16日だったためこの日、大きく下落した。公募価格は103,740円、この日の寄付は98,700円、終値は99,500円だった。

あまりこのことを認識せずカブコムで寄付成行で買いを入れていたので98,700円で買った。1株は持っていたので計2株ということになる。現時点での分配金利回りはなんと6.43%、明日の寄付でもう一株買い増すか。

| | Comments (0)

日経平均反転上昇?

暴落していた日経平均株価がようやく落ち着いてきた。

180218_sbi_n225

日経平均の先物は1月24日の高値24,170円から2月14日の20,900円まで一気に3,000円以上下落した。その後やや持ち直し先週末の終値は21,900円。チャートの上では25日、75日移動平均線を一気に割り込み200日移動平均線で止まった、という感じきれいな形をしている。

上昇するなら上値目途は75日移動平均線の22,800円あたり、下落するなら200日移動平均線の21,000円付近ということになる。まあ上なんだろうが、ドル円が急落しており不安要素となっている。

先物は3月限23,600円ロングを結局21,300円で損切りしマイナス23万円、その後21,000円で買って21,500円で売って5万円は取り返した。6月限23,400円ロングは握りっぱなしである。チャートでみると4日連続陽線となっており、まだ上昇しそうに見える。日経平均はまだ2日連騰だけ。

22,000円あたりもちょっとチャートポイントで上げ渋るのかもしれない。22,000円を難なく突破するようなら買いたいところ。

180218_sbi_nydow

↑これはNYダウの動きで日経平均の動きをやや先取りしているように見える。NYダウが上がり続けるなら日本株も追随するだろう。

180218_sbi_bond

↑こちらは米国10年債の利回りでずっと上昇している。3.0%を超えるようだと波乱が起きそうだが、ドル円との相関が現在ほとんどなくなっているので、一体どうなっているのか。

今までの各指数の動きは、米国金利上昇は円安ドル高、米国株上昇は円安ドル高日本株高、金利と米国株の関係はよくわからない、だったが、現在為替は円高ドル安、米国金利は上昇、米国株は上昇、日本株は上昇、となっており、ドル円の動きだけがおかしい。

| | Comments (0)

ドル円の下落

このところドル円がずいぶん下落している。

2月5日の週にNYダウが暴落し、それにつられて日本株も大きく下落した。理由は米国金利の上昇だといわれている。ところが、その頃ドル円の動きは意外と落ち着いていた印象がある。そして時間差をつけて翌12日の週にドル円が大きく下落した。

先週前半はドル円が下落、ユーロドルも下落していたので、これはいわゆるリスク回避のドル高、円高である。先週後半はユーロは反転上昇、ドル円は下落を続けている。これはつまり円高ではなくドル安である。

先週日銀の黒田総裁の続投が決まり円高に振れた、という報道があるがこの動きからするとその報道は誤りである。理由はわからないが少なくとも先週後半の円高は円の独歩高に見える。

180218mt4usdjpyw

これはドル円の週足であるが、ドル円は2016年6月19日に安値98.9円をつけその後反転上昇し2016年12月11日に高値118.7円となっている。この安値と高値の50%戻しが109円付近、そして61.8%が106.2円付近となっている。この106.2円を下抜けると100円割れが見えてくるという状況で、現在非常に微妙なところに位置していることがわかる。

この後のドル円の動きは、ファンダメンタルズ的にはこれ以上下げる要素はないが、予断を持たないとすると、106円を明確に下に抜ければまだドル円は下がる。ここで跳ね返されるようなら上がる、ということがいえる。

NY株も日本株も先々週の暴落からようやく一息ついて上昇へ転じそうな形だが、このドル円の動きはどうも不穏である。

| | Comments (0)

2018.02.14

有機合成(4531)、サノヤス(7022)買い直し

有機合成(4531)…昨年12/18に200株を300円で買い、1/31決算発表後の2/1に303円で売却していた。その後今回の株安の影響で下げたため2/6に290円に買い直した。四季報でダブルなので当面キープ。

180214_4531_w

サノヤス(7022)…昨年12/18に287円で200株を買い、1/31の決算発表を経て下落したため2/5に270円で損切り。ただこれもダブルだったので250円に買い指値を入れていたが、これが2/6の暴落で刺さった。これも当面キープ

180214_7022_w

その他、決算発表後下落したがダブル継続でそのままキープの銘柄は、オートウェーブ(2666)(2/9決算発表)、松尾電機(6969)(2/13決算発表)、愛眼(9854)(2/9決算発表)など。

| | Comments (0)

ULSグループ(3798)、日本エアーテック(6291)、アートスパークHD(3663)売却

ULSグループ(3798)…ここは昨年12/25に1,600円で買って1/4に1,800円で一度売っている。決算発表が2月9日だったので、その直前2/6に1,700円で買い直し、本日2/14に1,850円で売却した。都合3.5万円のプラスになった。

180214_3798_w

日本エアーテック(6291)…昨年12/18に950円で買っていた。昨日2/13が決算発表日、本日2/14、下落し915円で損切りした。決算の内容が良かったのか悪かったのかわからないが、値動きを見るとどっちつかずの感じで、地合いが悪いのでしばらく掴んだままでもいいかなとは思ったが。

180214_6291_w

アートスパークHD(3663)…ここも昨年12/18に1,450円で買っていた。決算発表が2/9で悪かったらしく昨日ストップ安、今日2/14、999円で損切りした。ここは結構損失大だが、持っていても仕方がない。

180214_3663_w

| | Comments (0)

2018.02.11

米国ゼロクーポン債購入(2018年分)

米国債の利回りが急騰し、世の中は大幅株安でパニック状態になっている。確かに利回りはここ数年はないほど上昇し2.8%を超えている。その割にドル円は上がっておらず109円手前で燻っている。

180211_smtb_bond

今まで米国債の利回りが上昇し価格が下落するとドル高になり、利回りが下落するとドル安になるという傾向があり、買い時が掴みにくかったが、今回は債券安、ドル安なため、買い時かと思ってゼロクーポン債を1万ドル分、大和証券で買付けた。

買付申込時のドル円レートは108.85円なので、交換レートは0.5円のスプレッド(手数料)が上乗せされ109.35円になっている。2027年償還のゼロクーポン債は79.02%で、先週時点より何故かやや高くなっている。この辺りのズレが気になるが、面倒なのと買付けられる機会があまりないので目をつぶって購入した。

180211_daiwa_bond

米国ゼロクーポン債はこれで5年分、5万ドル分を購入したことになる。ただ、今時点では合計損益がマイナスになっている。これでいいんか?

180211_daiwa_bond2_2

| | Comments (0)

2018.02.10

日経平均大暴落、先物の含み損は45万円

今週日経平均は大暴落だった。1月下旬には24,000円だった日経平均株価は、先週の最安値で実に21,000円、3,000円近く一気に下落した。

180210_sbi_n225

カブコムの先物で3月限で23,600円、6月限で23,400円とロングを2枚も持っていたが、損切りできずにそのまま指を咥えて下落を眺めていた。ある時までは、こまったなあ、だったがここまで下げるともう感覚が麻痺してしまい、あまり何も感じない。もういいや、放置、って感じ。まだ下げるんだろうか。ここできっぱり損切りするべきなんだろか。

先物の裸取引はもうしないと決めたのに。

| | Comments (0)

2018.02.04

米国の金利上昇と株価の下落

先週末のNYダウは655ドル急落した。ダウ平均の下落幅は歴代6位だそうである。理由は米国債利回りに急騰だそうである。

20180204_nikkei

下落の理由は、週末の雇用統計で平均時給が予想を上回って良かったかららしい。理屈はこうである。つまり、賃金が上昇→インフレになる→金利が上昇する→株価が下落した。

なんだかむちゃくちゃ理屈な気がする。ただ、実際に米国債の金利が急上昇しそれをきっかけに株価が大きく下落した。このところ米国の株価は一方的に上昇して過熱感があったことは確かである。ただ、ではなぜドル円が上昇しないのか、がよくわからない。色々な記事を見てもそのあたり書かれていない。週明けにドル円は下落するリスクがある、と日経新聞は書いているが、そこに時間差がつく理由もよくわからない。

| | Comments (0)

米国債の値下がり

このところ米国金利が異常に上昇しているが、なぜかドル円は安いままという珍しい状態でつまりこれは、米ドル建ての米国債の仕入れ時、ということになる。大和証券のゼロクーポン債はこんな感じになっている↓。今年分の1万ドルは時期が早いが今のこのチャンスに買っておくべきなのか、それともとりあえず円高のうちに1万ドル分米ドルを押さえておくか。

180203_daiwa_bond


| | Comments (0)

2018.02.03

MK精工(5906)、サノヤスHD(7022)、ワタベウエディング(4696)、ALBERT(3906)、 有機合成薬品(4531)

先週1/26に600円で売却したMK精工(5906)はその日が決算発表だったが、週明けに大きく下落しいきなりストップ安、週末終値は476円。売っておいてよかった。

180208_5906_w

ALBERT(3906)は決算発表は2/14だがなぜか今週急騰したので2/2に1,400円で売却した。ここは昨年末12/28に1,300円で買っていた。

180208_3906_w

ワタベウェディング(4696)は月末の1/31(水)が決算発表、翌日下落したが金曜日には持ち直して終値は669円。ここは12/20に650円で買っている。しばらく様子見、上昇しないようなら見切りをつけて売却か。ただここは前回の四季報でもダブルだったので当面キープでもいいかもしれない。

180208_4696_w

サノヤスHD(7022)は1/31決算発表後下落。ここも前回の四季報でダブルだったから、ちょっと様子見か。ただ、12/28に289円で買っており週末終値は272円。いったん損切りして買いなおしてもいいかもしれない。

180208_7022_w

有機合成薬品(4531)も1/31の決算発表後下落。ここは303円で売り逃げた。ここも前回からダブルなので安くなったら再度買い、か。

180208_4531_w

| | Comments (0)

dカードゴールド解約

dカード(GOLD)を解約した。去年ドコモのパケットを小さい容量に変更したため、ドコモの月々の支払でつくポイントが400になっている。これだと12か月で4,800ポイントとなる。dカードゴールドの年会費が1万円であるからこれでは赤字である。以前パケットのコース変更前は一か月に1,100ポイントついていたので元が取れる計算だった。

というわけで、去年調べたとき、2月15日までに解約手続きすれば新規年分の年会費は取られないため、電話して解約した。残っているdポイント4,425ポイントは全部携帯電話の料金支払いに回した。

dポイントのホームページを見ると、今年(2018年)5月からどうもdポイントの位(ステージ)が変わるようで、これまではdカードゴールドに入っていれば自動的にゴールド会員となり、ゴールド会員は携帯電話支払料金の10%がポイントになる、という仕組みだったが、そもそもゴールド会員というのがなくなるようである。

よくわからないが、dカードを持っているかどうかはステージの判定に関係がなくなり契約年数で決まるらしい。自分の場合13年なので4thステージに相当する。一番位が高いのがプラチナステージでこれは15年以上の契約期間らしい。

で、この4thステージの場合パケットプランに応じて割引があり、シェアパック5だと月々600円安くなる。

ちょっとわかりにくいが、こんな感じか。

と思ったがこの600円の割引は、これまでのずっとドコモ割というのがずっとドコモ割プラスと名を変えてパケット代の割引か、ポイントへの交換かどちらかを選択できるようになった、というだけのようである。要するに何も得しない。

あとは、dカードゴールドをそのまま持っていれば、ドコモ料金に対して10%のポイントが付与される、という制度自体は変わらないようで、持ち続けていてもこれまでより損するということはないようだ。

わかりにくいなあ。

| | Comments (0)

日経平均先物大幅下落

日経平均は年明け以来大きく上昇し24,000円を超える局面もあったがこの一週間で大きく下落し、今週末の先物はついに23,000円を割ってしまった。

格段下がる材料はないが、このところ米国金利が急上昇しており、週末のNYダウが大きく下落したのにひきずられたようなところもある。25日移動平均線を明確に割り込んでいる。75日移動平均線が22,000円台後半に迫っており、これを割り込むようだと結構やばいかもしれない。一応23,000円がサポートラインに見えるが。

米国債の利回りが2.8%を超えるくらい上昇しているのになぜかドル円の上昇が限定的である。普通は、米国金利とドル円は連動することが多いのに、何かおかしい。一体どういうことなんだろうか。

180203_sbi_n225

先物の裸は止めるつもりだったのになぜか、23,600円で買ってしまい握ったまま。さらにもう少し長期のつもりで6月限を23,400円で買ってしまい、週末の含み損は11万円近く。また損切りできずに含み損を膨らまして、まったく進歩がない。楽天証券でコツコツ積み上げた利益を、先物の裸で全部吹っ飛ばしている。週明けは損切りか。

こちらが米国10年債利回りの5年間の週足である。現在2.8%まで急上昇しており直近の高値は2013年12月30日の3%まで見当たらない。

180203_sbi_bond


| | Comments (0)

2018.01.28

スターティア(3393)買付、インフォテリア(3853)、MK精工(5906)売却

スターティア(3393)は去年12/18に1,000円で買って1/5に1,400円で売っていたが、また下がってきており、1/22に1,170円で買い直した。決算発表日が2/14に控えておりそこで動きがあることを期待
180128rakuten33933m

インフォテリア(3853)は仮想通貨関連株で一時1,350円まで高騰していたがその後失速していた。先週1,300円あたりに一時上昇し指値で売った。週明けはきっと仮想通貨取引所で大量の流出があったらしく関連株は下落するのではないか。また買うか。決算予定日は2/8
180128rakuten38533m

MK精工(5906)は1/26が決算発表日で高騰し600円指値で売ったが終値は633円。週明けはまだ上げるかもしれないちょっと早まったか。。
180128rakuten59063m

| | Comments (0)

2018.01.22

日経平均先物とくりっく株365の比較をしてみると

これまで日経平均の取引を先物を使っていたが、ふとした気まぐれで取引所CFD取引(いわゆる、くりっく株365)はどうなんだろうと検討してみた。結論としては、使えない。

これは同じタイミングでとった、日経平均先物(mini)とくりっく株365とDMM.com証券のCFDの比較。くりっく株365だけなぜかレートが高い。

180122_225future

↓これがくりっく株365で、スプレッドが35円もある。日経平均先物miniと同じ100倍換算で3,500円ということになる。一体誰がこのシステムを使って取引するんだろうか。しかも売買のたびに手数料がかかる。カブコムで片道153円
180122_click365

↓これはDMM.com証券の所謂店頭CFDである。スプレッドは7円。店頭CFDはレバレッジ10倍なので、今の日経平均株価である24,000円辺りだと、日経平均先物miniと同じ取引をするために24万円の証拠金が必要である。手数料は不要だが、スプレッドが100倍(10Lot)の取引で700円相当。しかも買いでも売りでもスワップを取られる。買いスワップは10Lotで一日あたり90円。
180122_dmm_n225

日経平均先物miniは呼び値が50円毎なのでスプレッド500円と見なしたとしても、くりっく株365は圧倒的に不利でこれを使って取引する理由は皆無である。限月がないのがメリットだがだからといってこのスプレッドは許容できるもんではない。時間によっては狭まることがあるんだろうか。

| | Comments (0)

2018.01.20

米国10年債の金利が上昇2.6%を突破

これまで米国の10年債の金利あ2.6%を超えることがしばらくなかったが、このところ急騰しており2.6%を超えた。理由はよくわからないが、株高債券安というのは金融相場、と今日の日経新聞に載っていた。意味が分からない。

180120_smtb_bond

↓は大和証券の米国ゼロクーポン債の利回り。昨年11月に2027年償還のものを買ったが、買った時より値を下げている。。

180120_daiwa_bond

| | Comments (0)

中国工商銀行株売却

中国工商銀行の株は4.9HKDで3,000株買って持っていたが、このところ高騰し7.0HKDを超えてきたのでいったん売却した。また下げれば株数を増やして買いたいところだが、このまま戻ってこないってことないよな。

これはこの3年の値動きで、2015年前半に一度7HKD付近まで上昇していたがその後沈んでしまい、2016年の夏ごろに一旦5HKDで売って特定口座で4.9HKDで買い直している。この時は一般口座から特定口座への乗り換えが目的だった。今回は利食いなので、かなり下げたら買い直したいんだが。

180120_sbi_icbc

| | Comments (0)

2018.01.14

ヴァーレ(VALE)、ガスプロム(GASP)の上昇

昨年(2017年)年末に11.55ドルで100株売却したがその後も値をどんどん上げてヴァーレ(VALE)、週末には13.5ドルまで上昇している。10ドルにさがったら150株買い直す予定で指値注文を入れているが、もう間に合わないかもしれない。下げても12ドルか。

↓のチャートはヴァーレのこの3年の値動きで、一番下がっていた約2年前の2016年1月にはなんと、2.13ドルだったので6倍以上に上昇していることになる。

180114_sbi_vale

もう一つ、SBI証券で持っている外国の個別株である、ロシアのガスプロム(GASP)は、去年3月に135ルーブルで買ってずるずる下落し、一時110ルーブル前半まで下落したが、このところ戻してきており現時点で140ルーブル付近。やれやれである。150ルーブルを超えたらまた売るつもり。

180114_sbi_gasp_2

| | Comments (0)

原油、金ドル急上昇

このところ原油も金も大きく値上がりしている。

180114_dmm_oil_d

原油は去年(2017年)10月ごろの50ドル付近を底に一貫して上昇を続け、今や65ドルに届く勢い。ちょっと上がりすぎのような気がするが、52.5ドルのショートが2.5万円の含み損にまで膨らんで、どうしようか、という感じ。いったん切ろうと思っているが押し目がないので切れない。

180113_dmm_xau_d

金ドルの方は先週末に急上昇して1,340ドル付近。金も去年12月中ごろの1,240ドルから100ドルも上昇している。こちらは1,320ドルでショートを2Lot持っており、マイナス2千円

原油の上昇は兎も角、金がなぜ上昇しているのか、ちょっとわからない。米国の金利は上昇傾向にあるので金は下がる方向の筈。先週ドルが下落したのでそのせいなのかもしれないがちょっとわからない。北朝鮮と戦争にでもならない限り下がると思うが。まあ金ドルはいいや。

| | Comments (0)

2018.01.13

インフラファンドはあっという間に値上がり

先週割安なインフラファンドについて書いたのに、今週すごい上昇をしてしまい、今週末時点で投資妙味はなくなってしまった。4つあるファンドのうち、タカラレーベンを除いてはすべて、分配金利回りが5%台前半まで下がってしまい、これではJ-REITに対して優位性があまりない。

日本再生エネルギーインフラ投資法人(9283)だけは今週週明けに106,000円で買ったが、その他は少し下に指値を入れていた。

180113_infraf

ごちゃごちゃ考えずに、成行で全部買っときゃよかった。

180114_9281_w
180114_9282_w
180114_9283_w_2
180114_9284_w

| | Comments (0)

«スターティア(3393)、オールアバウト(2454)、愛眼(9854)その後、インフォテリア(3853)、ビレッジバンガード(2769)